厚生労働省

  • 文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大

ご覧の施策内容について多くの皆さまのご意見をお待ちしております。意見を送信する


このサイトは、2009年に発生した新型インフルエンザ(A/H1N1)に関する情報提供のために厚生労働省が制作し、新型インフルエンザ発生時の参考資料として当面掲載しているものです。
このサイト内で「新型インフルエンザ」と記載しているものは、基本的に新型インフルエンザ(A/H1N1)を指しており、掲載している情報も主に発生当時から2011年3月31日までのものであることにご注意ください。
インフルエンザに関する最新の情報は、2011年4月1日から厚生労働省ホームページのインフルエンザ情報サイト(http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/index.html)に順次掲載してまいりますので、以前の新型インフルエンザ対策関連情報サイトをお気に入り登録されている方は、ご変更をお願いいたします。

平成21年5月20日

平成21年6月10日改訂

医薬食品局監視指導・麻薬対策課

(担当・内線) 中井、秋楽(2763、2768)

抗インフルエンザウイルス薬「タミフル」に係るインターネットによる個人輸入について

○  国内における新型インフルエンザの発生に伴い、抗インフルエンザウイルス薬であるタミフルについて、インターネットによる個人輸入が行われているとの報道がなされているところですが、タミフルについては、

・ 国及び地方自治体においては、現時点で必要な方に十分な備蓄量を確保しています。

・ 医師の処方に基づき服用されるべき医薬品であり、患者自らの判断で服用することは危険が伴います。

・ 現在、薬事法上の承認を取得している製品以外は、薬事法上未承認の医薬品であり、品質、有効性及び安全性の確認がなされていません。

○ 厚生労働省としては、従来から、海外から未承認の医薬品を安易に個人輸入して使用することについては、当該医薬品が偽造製品であったり、有害な物質が含まれている場合があるなど、望ましいものとは考えておりません。タミフルについても、インターネット等で個人輸入して使用することは、くれぐれも避けていただくようお願い申し上げます。

(参考)医薬品等を海外から購入しようとされる方へ


トップへ