再審査申立てについて

※原則として、都道府県労働委員会の命令等について不服がある場合に申立てをすることができます。以下の点にご注意ください。

○ 提出期限

再審査申立書は、都道府県労働委員会の命令書又は決定書を受け取った日の翌日から数えて15日以内に提出(郵送による場合は必着)する必要があります。

○ 提出先

提出先は中央労働委員会(以下「中労委」という)ですが、当該命令書又は決定書を交付した都道府県労働委員会を経由することもできます。この場合、都道府県労働委員会に提出された日をもって再審査申立日となります。

○ 再審査申立書の記載事項

[1] 再審査申立てであることの表示

[2] 中労委の会長又は中労委宛であることの表示

[3] 再審査申立ての日付

[4] 再審査申立人の氏名・住所(代理人名は不可

[5] 再審査被申立人の氏名・住所(初審における相手方当事者の氏名・住所です。)

[6] 再審査申立人の記名・押印正本及び副本にお願いします。)

[7] 都道府県労委の命令書又は決定書の写しが交付された日付

[8] 不服の要点及びその理由(後日でも可)

○ 必要部数(申立書には、それぞれ初審命令書の写し又は決定書の写しを添付して下さい。)

[1] 正本・・・1部

[2] 副本・・・再審査被申立人数部(初審における相手方当事者の人数部)

[3] 写し・・・3部

※ 例えば、再審査被申立人(初審における相手方当事者)が3名の場合には、

再審査申立書 (正本1部+副本3部+写し3部=7部)
初審命令書(又は決定書)の写し7部となります。
提出先:   〒105-0011 東京都港区芝公園1-5-32
中央労働委員会事務局審査課
TEL:03−5403−2156

(記 載 例)

再 審 査 申 立 書

平成○年○月○日

中央労働委員会会長 殿


再審査申立人

 

住所

 

 
    氏名  

注) 正本と副本(被申立人の数だけ必要です)には、印鑑を押してください。

再審査被申立人

 

住所

 

   
    氏名      

注) 被申立人は、初審都道府県労委ではなく、初審における相手方当事者になります。

1 初審命令交付日

○○県労委平成○○年不○号事件の命令書が平成○○年○月○日に交付された。上記命令に不服であるので、再審査を申し立てる。

注)命令書に記載されている日付ではなく、受け取った日付をご記載ください。

2 不服の要点

上記命令が〜とした部分についての取消しを求める。

上記命令を取り消し、〜とする命令を求める。

不服の要点については、追って主張する。

注)後日、追加することができます。

3 不服の理由

上記命令は、判断において法律上明確な誤りがある。

上記命令は、〜の部分において〜と認定した事実において誤りがある。

不服の理由については、追って主張する。

注)後日、追加することができます。


トップへ