ホーム > 統計情報・白書 > 各種統計調査 > 厚生労働統計一覧 > 医師・歯科医師・薬剤師統計(旧:医師・歯科医師・薬剤師調査) > 統計の概要

医師・歯科医師・薬剤師統計:統計の概要

統計の概要

統計の目的

 本統計は、 医師、歯科医師及び薬剤師について、性、年齢、業務の種別、従事場所及び診療科名(薬剤師を除く。)等による分布を明らかにし、厚生労働行政の基礎資料を得ることを目的とする。

統計の沿革

 本統計は、平成28年まで実施された「医師・歯科医師・薬剤師調査」が前身である。昭和23年の医師法及び歯科医師法の施行、昭和29年の薬事法改正時に発足した届出制度が昭和35年制定の薬剤師法に継承され、届出義務者である医師、歯科医師、薬剤師から提出される各届出票を調査の客体として集計し、その結果を公表してきた。
 平成30年からは、統計法における一般統計調査である「医師・歯科医師・薬剤師調査」を中止し、行政記録情報を利用して作成する公的統計である、「医師・歯科医師・薬剤師統計」として作成することとなった。

集計対象

 日本国内に住所があって、医師法第6条第3項により届け出た医師、歯科医師法第6条第3項により届け出た歯科医師及び薬剤師法第9条により届け出た薬剤師の各届出票を集計の対象とする。

集計事項 

  1. (1)住所
  2. (2)性別
  3. (3)生年月日
  4. (4)登録年月日
  5. (5)業務の種別
  6. (6)従事先の所在地
  7. (7)主たる業務内容(薬剤師を除く)
  8. (8)従事する診療科名(薬剤師を除く)
  9. (9)取得している広告可能な医師・歯科医師の専門性に関する資格名(薬剤師を除く)

届出票

 平成30年  医師届出票[277KB]  歯科医師届出票[195KB]  薬剤師届出票[167KB]

届出の時点

 届出年12月31日現在

届出の経路等

  1. (1)届出義務者である医師、歯科医師及び薬剤師が、保健所、都道府県等を経由して厚生労働大臣に提出する。
  2. (2)届出の経路

    図:実施系統

ホーム > 統計情報・白書 > 各種統計調査 > 厚生労働統計一覧 > 医師・歯科医師・薬剤師統計(旧:医師・歯科医師・薬剤師調査) > 統計の概要

ページの先頭へ戻る