ホーム > 統計情報・白書 > 各種統計調査 > 厚生労働統計一覧 > 社会保障費用統計(旧:社会保障給付費) > 集計結果

社会保障費用統計(旧:社会保障給付費):集計結果

集計結果 

用語の解説  

 平成29年度社会保障費用統計 巻末参考資料より

  1. 1 主な用語の解説
  2. 2 作成方法

利用上の注意  

  1. 1. 統計表の表象記号は次の通りである。
    計数のない場合 -
    比率が微少(0.05未満)の場合 0.0
    推計数が表章単位の1/2未満の場合 0
    減少数(率)の場合
  2. 2. 掲載の数値は四捨五入しているため、内訳の合計が総数に合わない場合がある。

利活用事例

  • ・  国内における政策立案や実施における利用例
     社会保障改革に関する集中検討会議、税制調査会、社会保障審議会等において、社会保障制度や税財政を検討する際に利用されている。また、厚生労働白書、高齢社会白書等においても、継続的に利用されている。
  • ・  国際機関等における利用例
     OECD加盟各国から提供された社会支出データはOECD SOCX(Social Expenditure Database)として整備、公開されており、国際機関やOECD加盟各国において、国際比較データとして広く利用されている。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 統計情報・白書 > 各種統計調査 > 厚生労働統計一覧 > 社会保障費用統計(旧:社会保障給付費) > 集計結果

ページの先頭へ戻る