ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 医療保険 > 患者申出療養の概要について > 当該技術を実施可能とする医療機関の要件一覧及び患者申出療養を実施している医療機関の一覧等について > 当該技術を実施可能とする医療機関の要件一覧

当該技術を実施可能とする医療機関の要件一覧

患者申出療養を適切に実施できる体制を整えているものとして厚生労働大臣に個別に認められた病院又は診療所において実施する患者申出療養

施設基準の通則 

  •  保険医療機関において、当該療養を実施すること。
  •  当該療養を主として実施する医師又は歯科医師は、当該療養を実施する診療科において、常勤の医師又は歯科医師であること。
  •  パクリタキセル腹腔内投与及び静脈内投与並びにS−1内服併用療法 腹膜播種又は進行性胃がん(腹水細胞診又は腹腔洗浄細胞診により遊離がん細胞を認めるものに限る。)
  •  耳介後部コネクターを用いた植込み型補助人工心臓による療法 重症心不全(心機能としては心臓移植の適応になると判断される重症心疾患の患者に係るものであって、心機能以外の理由により心臓移植の基準を満たさないものに限る。 ) 
  •  リツキシマブ静脈内投与療法 難治性天疱瘡(ぽうそう)(ステロイド抵抗性のもの又はステロイドを減量する過程で再燃したものに限る。) 
  •  インフィグラチニブ経口投与療法 進行固形がん(線維芽細胞増殖因子受容体に変化を認めるものであって、従来の治療法が無効であり、かつ、インフィグラチニブによる治療を行っているものに限る。) 
  •  経皮的乳がんラジオ波焼灼療法 早期乳がん(長径が一・五センチメートル以下のものに限る。) 
  •  マルチプレックス遺伝子パネル検査による遺伝子プロファイリングに基づく分子標的治療 根治切除が不可能な進行固形がん(遺伝子プロファイリングにより、治療対象となる遺伝子異常が確認されたものに限る。) 
  •  トラスツズマブ エムタンシン静脈内投与療法 乳房外パジェット病(HER2 が陽性であって、切除が困難な進行性のものであり、かつ、トラスツズマブ静脈内投与が行われたものに限る。) 
  •  エヌトレクチ二ブ経口投与療法 脳腫瘍(十五歳以下の患者に係るものであって、ROS1融合遺伝子を有するものに限る。) 

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 医療保険 > 患者申出療養の概要について > 当該技術を実施可能とする医療機関の要件一覧及び患者申出療養を実施している医療機関の一覧等について > 当該技術を実施可能とする医療機関の要件一覧

ページの先頭へ戻る