ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 医療保険 > 「平成30年度健康保険被保険者実態調査 調査票等作成支援システム 及び 被保険者証記号・番号変換ツール」について > 2.作業方法別手順詳細 (B)組合独自システムで調査票ファイルのみ作成している場合

2.作業方法別手順詳細 (B)組合独自システムで調査票ファイルのみ作成している場合

2.作業方法別手順詳細

(B)組合独自システムで調査票ファイルのみ作成している場合

組合は以下の作業手順で作業を行って下さい。 支援システムを使用する作業
その他作業

《作業フロー》

《作業内容の詳細》

作業フロー

(1)選定表作成
調査客体選定表を作成して下さい。選定表のファイルが必要な場合は厚生労働省のホームページよりダウンロードできます。

(2)調査票ファイルの作成
組合独自システムにて調査票ファイルの作成を行います。
実施要領に従って電子ファイルを作成して下さい。

(3)調査票等作成支援システムのインストール
厚生労働省のホームページより調査票等作成支援システムと操作説明書をダウンロードのうえ、作業を行うパソコンに調査票等作成支援システムをインストールして下さい。

(4)基本情報設定
調査票等作成支援システムにて基本情報を設定して下さい。

(5)添付書データの作成
調査票等作成支援システムにて添付書データを作成して下さい。

(6)調査票ファイルの受付
調査票等作成支援システムにて組合独自システムで作成した調査票ファイルの受付を行って下さい。

(7)調査票データ入力内容のチェック、修正
調査票等作成支援システムのエラーチェック機能を使用して、受付した調査票データのエラーチェックを行い、エラーとなった項目について修正を行います。

(8)提出用の添付書・調査票ファイルの作成
作成した添付書・調査票データより、提出用の添付書・(被保険者証記号及び被保険者番号が一連番号に変換された)調査票ファイルと被保険者証記号・番号対応リスト(保険者控え用)(被保険者証記号及び被保険者証番号の変換前後の対応リスト)を作成します。
また、被保険者証記号・番号対応リスト(保険者控え用)は各健康保険組合で疑義照会用に控えておくものですので、提出する必要はありません。

(9)添付書・調査票ファイルの提出
(8)で作成した添付書・調査票ファイルを、「電子政府の総合窓口(e-Gov)」の電子申請システムを利用するか、CDまたはDVDにコピーし、地方厚生(支)局に提出してください。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 医療保険 > 「平成30年度健康保険被保険者実態調査 調査票等作成支援システム 及び 被保険者証記号・番号変換ツール」について > 2.作業方法別手順詳細 (B)組合独自システムで調査票ファイルのみ作成している場合

ページの先頭へ戻る