ホーム> 政策について> 審議会・研究会等> 政策統括官(統計・情報政策担当)で実施している検討会等> 社会福祉施設等調査、介護サービス施設・事業所調査及び就労条件総合調査の評価に関する検討会> 第10回社会福祉施設等調査、介護サービス施設・事業所調査及び就労条件総合調査の評価に関する検討会議事要旨




2011年10月27日 第10回社会福祉施設等調査、介護サービス施設・事業所調査及び就労条件総合調査の評価に関する検討会 議事要旨

○日時

平成23年10月27日(木) 13時30分~15時00分


○場所

経済産業省別館8階 827号会議室


○出席者

廣松委員(座長)、今田委員(座長代理)、西郷委員、篠原委員、
事務局(伊澤統計情報部長、藤井企画課長、西村社会統計課長、
早川統計企画調整室長 他)

○議題

(1)平成24年度以降 民間競争入札実施事業
 社会福祉施設等調査、介護サービス施設・事業所調査の実施要項(案)について
(2)その他

○議事

○ 平成24年度以降民間競争入札実施事業 社会福祉施設等調査、介護サービス施設・事業所調査の実施要項(案)について審議が行われた。
主な質疑応答は以下のとおり。

・現在紙で行っている調査票回収を、オンライン回収にすることは想定していないのか。
事務局:オンラインによる調査等の幅広い提案を可能とする仕様書とした。

・行政情報の活用という点では、上手く活用できそうな例ではある、無回答部分の補完も可能か。
事務局:無回答部分については、傾向はわかるだろうが、補完はあまり期待できないと思われる。

・記入者負担の軽減とあるが、具体的にはどのようなものが軽減されたか。
事務局:行政情報から得られる部分の記入が必要なくなった。

・悉皆調査なのに90%前後の回収率で良いというのは低くないか。 
事務局:前回入札で不落になった事実を踏まえると、前回業者の実績を基とした回収率が適正かと思われる。

・受託業者の倒産等のリスクはないのか。
事務局:厚生労働省の入札資格に基づいて選定している。


以上の審議を経て、実施要項(案)は原案どおり了承された。

以上


<(照会先)>

大臣官房統計情報部
企画課統計企画調整室
専門官  渡邊 美穂

(代表電話): 03-5253-1111 (内線)7378
(直通電話): 03-3595-2678

ホーム> 政策について> 審議会・研究会等> 政策統括官(統計・情報政策担当)で実施している検討会等> 社会福祉施設等調査、介護サービス施設・事業所調査及び就労条件総合調査の評価に関する検討会> 第10回社会福祉施設等調査、介護サービス施設・事業所調査及び就労条件総合調査の評価に関する検討会議事要旨

ページの先頭へ戻る