ホーム> 報道・広報> 報道発表資料> 2022年1月> 令和2年度における保険医療機関等の指導・監査等の実施状況について

 

令和4年1月13日

【照会先】

保険局医療課医療指導監査室

室長補佐 遠藤   雅人  (内線3286)

室長補佐 関      勝利  (内線3887)

(代表電話) 03(5253)1111

(直通電話) 03(3595)2578

 

報道関係者各位

 

令和2年度における保険医療機関等の指導・監査等の実施状況について

(概況)

指導・監査等の実施件数

 

個別指導                  ,797 (対前年度比  2,918件減
新規個別指導              2,915件 (対前年度比 
2,796件減)

適時調査                     (対前年度比  3,539件減)

監査                       46件 (対前年度比      9件減

 

   特徴等
    ・ 令和2年度は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、個別指導、新規
    個別指導及び適時調査の実施の見合わせ等を行っていたため、実施件数が前年度比で大
    幅に減少している。
 

2 取消等の状況

 

・保険医療機関等                      19   (対前年度比  2件減)  

(内訳)指定取消                  :11件   (対前年度比 増減なし) 
                 指定取消相当               : 8件  (対前年度比 2件減

 

・保険医等                              18人  (対前年度比   3人増

(内訳)登録取消                      :18人  (対前年度比   4人増
          登録取消相当               :  0人  (対前年度比   1人減)

 

特徴等

・  保険医療機関等の指定取消処分(指定取消相当を含む。)の原因(不正内容)を見ると、
             不正請求(架空請求、付増請求、振替請求、二重請求、その他の請求)がそのほとんどを
             占めている。 


    ・  監査拒否による保険医療機関等の指定取消処分(指定取消相当を含む。)の件数が
           増加している。

    ・     指定取消処分(指定取消相当を含む。)に係る端緒としては、保険者、医療機関従事者、
     医療費通知に基づく被保険者等からの通報が12件と取消(指定取消相当を含む。)件数
     の半数を占めている。
 

3 返還金額

 

保険医療機関等から返還を求めた額は、約59億6千万円(対前年度比約49億1千万円減)

   (内訳)  

・ 指導による返還分   :約28億7千万円(対前年度比約  約   5億5千万円減)

・ 適時調査による返還分:約26億1千万円(対前年度比約  約  24億4千万円減)

・ 監査による返還分   :約 4億8千万円(対前年度比約  約  19億2千万円減)

       ※  返還金額には、令和元年度以前に指導、適時調査及び監査を実施し、令和2年度中に
      確定した金額が含まれる。
 

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

携帯ホームページ

携帯版ホームページ では、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム> 報道・広報> 報道発表資料> 2022年1月> 令和2年度における保険医療機関等の指導・監査等の実施状況について

ページの先頭へ戻る