ホーム> 報道・広報> 報道発表資料> 2021年12月> 第19回ASEAN・日本社会保障ハイレベル会合(開催案内)

 

令和3年12月2日

【照会先】

大臣官房国際課国際保健・協力室
 (担当・内線) 

専 門 官 深谷 果林 (7304)
係  長 新津 雅宏  (7305)

 

第19回ASEAN・日本社会保障ハイレベル会合(開催案内)

 

  厚生労働省は、2003年より、社会保障の分野におけるASEAN諸国の人材育成を強化するため、ASEAN・日本社会保障ハイレベル会合を開催しています。ASEAN10ヶ国から社会福祉、保健政策、雇用政策を担当するハイレベル行政官を招聘し、中国、韓国の代表にもオブザーバ参加を依頼しています。
 なお、本会合は、ASEAN+3保健、社会福祉及び労働担当大臣会合を支える事業として関係国間で位置づけられており、ASEAN+3関係大臣会合等に報告され、高い評価を得ています。
 今年度は以下の通り開催しますので、ご案内いたします。
 (詳細は別紙をご参照ください。)
 
1. 開催日程・開催形式
 (1) 日程
    令和3年12月9日(木) ・12月10日(金)
         
 (2) 開催形式
    オンライン会議
 
2. テーマ・議論の主題
 (1) テーマ
  こころの元気を保つためのアプローチ~新型コロナウイルス感染症への対応~
 (2) 議論の主題
  ・精神保健政策と新型コロナウイルス感染症への対応
  ・ライフステージに応じた精神保健サービスの実際~一般/労働者、母子保健~
  ・精神保健福祉サービスを支える人々の育成と支援
 
3. 傍聴
 傍聴はオンライン傍聴のみです。会場傍聴はありません。
  傍聴を希望される方は別添傍聴申込書により下記メールアドレスまでお申し込み下さい。
  ・申し込み先
    第19回ASEAN・日本社会保障ハイレベル会合事務局
    株式会社イー・シー・インターナショナル
    電子メールアドレス :hlomcs2021@ec-intl.co.jp
  ・申し込み締め切り日:12月6日(月)17時

            一般傍聴申込フォーム(Excel:12KB)


 【別紙】

                          第19ASEAN・日本社会保障ハイレベル会合の概要
 

1.主催
  厚生労働省
 

2.  参加者(予定)
 ASEAN10ヶ国中国、韓国の社会福祉政策担当行政官、保健政策担当行政官及び雇用政策担当行政官、
 ※ブルネイ・ダルサラーム国、カンボジア王国、インドネシア共和国、
  ラオス人民民主共和国、マレーシア、ミャンマー連邦共和国、
  フィリピン共和国、シンガポール共和国、タイ王国、ベトナム社会主義共和国
 
3. 協力機関
 ASEAN事務局、世界保健機関西太平洋地域事務局(WPRO)、
 国際労働機関(ILO)駐日事務所、独立行政法人国際協力機構(JICA)
 
4. 使用言語
 英語(日英同時通訳あり)
 
5. 開催の趣旨
 第19回会合のテーマは「こころの元気を保つためのアプローチ~新型コロナウイルス感染症への対応~」です。新型コロナウイルス感染症がもたらした、新しい生活や行動様式による人々の身体・精神・社会面への影響は計り知れません。中でも精神面を支える社会福祉・保健医療及び雇用分野は、切れ目のないサービス(支援)の継続が課題であり、新型コロナウイルス感染症に対応するためのアプローチ方法や、サービス内容等を工夫する等しています。切れ目のない支援には、ライフステージに応じたアプローチが、誰一人残さないサービスを実現します。さらには、新型コロナウイルス感染症下においては、各支援を通じた精神的サポートの充実と支援を行う側(保健医療福祉従事者)への精神的サポートが重要です。
 会合では、新型コロナウイルス感染症下で日本が経験した精神保健への取組み(政策・サービス・サービスを支える人の育成と支援)をASEAN各国からの参加者や国内有識者と共有し、これからの社会福祉・保健医療及び雇用分野における政策や支援のあり方、可能性について協議します。
 また今回は、より一層の双方向的な会合となるよう、ASEAN全10加盟国からも、精神保健に関する現状と課題、今後の取組の方向性等についても情報共有の場を予定しております。

6. プログラム(予定)  
 
12月9日(木)
15:00-15:10
 
開会式
開会挨拶
 ・厚生労働省大臣官房国際課 国際保健福祉交渉官 井上 肇
 ・ASEAN事務局
フォトセッション
15:10-15:15
 
会合の趣旨説明
  ・厚生労働省大臣官房国際課 国際保健・協力室長 北村 吉崇
基調講演
15:15-15:45
 
(1) 「精神保健政策と新型コロナウイルスへの対応」
 ・厚生労働省 社会・援護局 障害保健福祉部 精神・障害保健課長
  林 修一郎
講演
15:45-16:15
 
 
(2) 実際の取組の紹介(一般/労働者)
 「労働者に向けたメンタルヘルス対策」
 ・東京大学 医学系研究科 精神保健学分野 教授 川上 憲人
講演
16:15-16:45
 
(3) 実際の取組の紹介(妊婦/子育て期)
 「妊婦・子育て期の方へ向けた精神保健サービス」
 ・国立精神・神経センター 認知行動療法センター
  看護師・臨床心理士 牧野 みゆき
16:45-17:05 休憩
プレゼンテーション、意見交換
17:05-17:55 (4) ASEAN各国からの発表Ⅰ (5カ国)+意見交換
パネルディスカッション
17:55-18:55
 
(5) パネルディスカッション 
  協力機関からのパネリスト、(1)~(3)の登壇者・参加者
本日のまとめ
18:55-19:00
 
(6) 第1日目の閉会に際して
 ・厚生労働省大臣官房国際課 国際保健・協力室長 北村 吉崇
 
12月10日(金)
15:00-15:05
昨日までのラップアップ
 ・厚生労働省大臣官房国際課 国際保健・協力室長 北村 吉崇
15:05-15:55
(1) ASEAN各国からの発表Ⅱ (5カ国)+意見交換
講演
15:55-16:25
(2) 実際の取組の紹介
「地域で精神保健サービスを支える人々の育成」
 ・聖路加国際大学大学院 看護学研究科 精神看護学
  教授 萱間 真美
講演
16:25-16:55
 
(3) 実際の取組の紹介 (保健医療福祉サービス提供者への支援)
 ・「精神保健サービスを行う保健医療従事者へのサポート」
  国立国際医療研究センター病院 看護部
  精神看護専門看護師 小川 弘美
16:55~17:15
休憩
パネルティスカッション
17:15-18:05
(4) パネルディスカッション 
  協力機関からのパネリスト、(1)~(3)の登壇者・参加者
閉会に向けての言葉
18:05-18:10
ASEAN代表者より閉会に向けての言葉 
  • ASEAN事務局
まとめ・リコメンデーション等
18:10-18:35
会議のまとめ、リコメンデーションの協議
 ・厚生労働省大臣官房国際課 国際保健・協力室長 北村 吉崇
18:35-18:55
アンケート(集計結果の公表&ディスカッション)
閉会
18:55-19:00
閉会挨拶
 ・厚生労働省大臣官房国際課 国際課長 平岩 勝

携帯ホームページ

携帯版ホームページ では、緊急情報や厚生労働省のご案内などを掲載しています。

ホーム> 報道・広報> 報道発表資料> 2021年12月> 第19回ASEAN・日本社会保障ハイレベル会合(開催案内)

ページの先頭へ戻る