ホーム > 報道・広報 > 国民参加の場 > パブリックコメント(意見公募) > その他のご意見の募集等 > 意見募集 > 「選定療養として導入すべき事例等」に関する提案・意見の募集について

「選定療養として導入すべき事例等」に関する提案・意見の募集について

選定療養(差額ベッドなど)に導入すべき事例等について、皆様からの提案・意見をお聞かせいただきたいと思います。

令和3年4月19日
厚生労働省保険局医療課

1 提案・意見募集の背景について

 保険外併用療養費制度においては、患者が選定療養を受けた場合、入院基本料等の基礎的部分が保険外併用療養費として支給される一方、上乗せ部分については、その費用を患者から自由に徴収することができることとされており、現在11類型(※)が定められています。

  • (※)特別の療養環境(差額ベッド)、歯科の金合金等、金属床総義歯、予約診療、時間外診療、大病院の初診、大病院の再診、小児う蝕の指導管理、180日以上の入院、制限回数を超える医療行為、水晶体再建に使用する多焦点眼内レンズ

 「日本再興戦略」改訂2014(平成26年6月24日閣議決定)において、選定療養について、「学会等を通じ、定期的に選定療養として導入すべき事例を把握する仕組みを年度内に構築する。」こととされていることを踏まえ、国民の皆様から幅広く提案・意見を募集させていただきます。

2 お聞かせいただく提案・意見について

 選定療養として新規導入すべき事例、現行の選定療養の見直しについて、提案・意見があれば、添付の提出様式に沿って、提出をお願いいたします。

3 留意点

 お寄せいただいた提案・意見は、今後、中央社会保険医療協議会における検討の参考にさせていただきますが、その際、公表させていただく(個人名は秘匿いたします。)場合がございますので、提案・意見の内容の公表に差し支えがある場合は、その旨をお示しいただくようお願いいたします。

 なお、提案・意見に個別に回答することは予定しておりませんので、その点御了承願います。

4 提案・意見をお寄せいただく期限

 令和3年4月19日(月)〜令和3年5月18日(火)

5 提案・意見をお寄せいただく方法

 別添の提出様式を添付して、iryouka@mhlw.go.jp まで電子メールで提出してください。

  • ※ 電子メールのタイトル(件名)は、「選定療養に導入すべき事例等」としてください。
    提出様式はWord形式のまま添付し、ファイル名は「選定療養」としてください。複数の提案をする場合には、「選定療養 01」、「選定療養 02」と末尾に番号を付記してください。
  • ※ 電話による提案・意見はお受けできかねますので、あらかじめご了承ください。

 提案・意見のほか、氏名、連絡先、年齢、性別、職業(医療関係者(医師、歯科医師、薬剤師、看護師等)、会社員、自営業、学生、無職 等)について、可能な範囲で記入していただきますよう、よろしくお願いいたします。

  • ※ 内容の確認のため、連絡させていただくことがあります。

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 報道・広報 > 国民参加の場 > パブリックコメント(意見公募) > その他のご意見の募集等 > 意見募集 > 「選定療養として導入すべき事例等」に関する提案・意見の募集について

ページの先頭へ戻る