労働委員会命令データベース

(この事件の全文情報は、このページの最後でご覧いただけます。)

[命令一覧に戻る]  [顛末情報]
概要情報
事件名 杉森女子学園
事件番号 福岡県労委平成18年(不)第10号
申立人 福岡県私立学校教職員組合連合
杉森学園教職員組合
被申立人 学校法人杉森学園
命令年月日 平成19年11月5日
命令区分 一部救済
重要度  
事件概要  学園が、①確認書の内容に反して主任を任命したこと、②職制に関する規定の導入等を議題とする団体交渉に不誠実な対応をしたこと、③「気になる発言集」等の文書送付及び組合批判発言をしたこと、④団交開催条件に組合が応じないことを理由に団体交渉を拒否したこと、⑤団体交渉を開催しないまま夏期一時金を支給したことが不当労働行為であるとして争われた事件である。 
 福岡県労委は、会社に対し、①団交開催条件を組合が受け入れないことを理由としての平成18年度夏期一時金等を議題とする団交拒否の禁止、②文書掲示を命じ、その余の申立てを棄却した。
命令主文 1.被申立人は、平成18年6月5日付け通知で示した団体交渉開催条件を申立人杉森学園教職員組合が受け入れないことを理由として、同組合が 同年5月25日、同年6月23日、同年7月5日及び同月11日に申し入れた平成18年度夏期一時金等を議題とする団体交渉を拒否してはならない。
2.被申立人は、本命令書写しの交付の日から10日以内に、次の文書をA2判の大きさの白紙(縦約60センチメートル、横約42センチメートル)に明瞭に記載し、杉森高等学校の職員室の見やすい場所に14日間掲示しなければならない。
                                  平成19年 月 日
福岡県私立学校教職員組合連合
 執行委員長 X1 殿
杉森学園教職員組合
 執行委員長 X2 殿
                            学校法人杉森学園
                                理事長 Y
 学校法人杉森学園が行った下記の行為は、福岡県労働委員会によって労働組合法第7条に該当する不当労働行為と認定されました。
  今後このような行為を行わないよう留意します。
                       記
1.平成17年3月10日付け確認書の条項に反して、平成18年1月21日に主任を任命したこと。
2.杉森学園教職員組合が平成17年8月19日に申し入れた早期退職優遇制度等を議題とする団体交渉において、同組合に対し、人事計画を提示しないなど、不誠実な対応をしたこと。
3.平成18年6月5日付け通知で杉森学園教職員組合に示した団体交渉開催条件を同組合が受け入れないことを理由として、同組合が申し入れた平成18年度夏期一時金等を議題とする団体交渉を拒否したこと。
4.杉森学園教職員組合に所属する組合員に対し、同組合との団体交渉を経ず、平成14年10月16日付け確認書の条項に反して、平成18年度夏期一時金を支給したこと。 
3.その余の申立てを棄却する。
掲載文献  

[先頭に戻る]

顛末情報
事件番号/行訴番号 命令区分/判決区分 命令年月日/判決年月日
福岡地裁平成19年(行ウ)第64号 棄却 平成21年4月22日
福岡高裁平成21年(行コ)第23号 棄却 平成21年12月15日
 
[全文情報] この事件の全文情報は約376KByteあります。 また、PDF形式になっていますので、ご覧になるにはAdobe Reader(無料)のダウンロードが必要です。