ホーム > 統計情報・白書 > 各種統計調査 > 厚生労働統計一覧 > 病院報告 > 調査の概要

病院報告:調査の概要

調査の概要

調査の目的

 本調査は、全国の病院、療養病床を有する診療所における患者の利用状況を把握し、医療行政の基礎資料を得ることを目的とする。

調査の沿革

 本調査の前身は、昭和20年10月に発足した「病院週報」であるが、昭和23年6月に週報から月報に改めるとともに、同年11月に医療法施行規則(昭和23年厚生省令第50号)を定めて報告の根拠を明確にし、昭和24年より医療法に基づく報告とした。
 昭和29年には医療法施行規則の改正により名称を「病院報告」に改め、昭和48年からは従事者票を追加し、平成10年からは療養型病床群(現「療養病床」)を有する診療所からも報告を求めている。
 なお、平成13年3月から報告の根拠は、医療法施行令(昭和23年政令第326号)となった。
 平成18年には患者票に介護療養病床(健康保険法等の一部を改正する法律(平成18年法律第83号)附則第130条の2第1項の規定によりなおその効力を有するものとされた介護保険法第48条第1項第3号に規定する指定介護療養型医療施設に係る病床)の報告を追加した。

調査の根拠法令

 統計法(第2条第7項)に基づく一般統計調査
 統計法についてはこちら(総務省のホームページへ移動します)
 医療法施行令

調査の対象

 全国の病院、療養病床を有する診療所

調査事項

 在院患者数、新入院患者数、退院患者数、外来患者数等

調査の時期

 毎月

調査の方法

(1)病院及び療養病床を有する診療所の管理者が作成し、厚生労働大臣に提出した。

(2)実施系統

実施系統

ホーム > 統計情報・白書 > 各種統計調査 > 厚生労働統計一覧 > 病院報告 > 調査の概要

ページの先頭へ戻る