ホーム > 統計情報・白書 > 各種統計調査 > 厚生労働統計一覧 > 労使関係総合調査(労働組合基礎調査) > 調査の結果

労使関係総合調査(労働組合基礎調査):調査の結果

調査の結果

用語の定義

1 労働組合
 労働組合とは、労働者が主体となって、自主的に労働条件の維持改善その他経済的地位の向上を図ることを主たる目的として組織する団体及びその連合団体をいう。
2 単位組織組合、単一組織組合
  1. (1) 単位組織組合とは、規約上労働者が当該組織に個人加入する形式をとり、かつ、その内部に独自の活動を行い得る下部組織(支部等)を持たない労働組合をいう。
  2. (2) 単一組織組合とは、規約上労働者が当該組織に個人加入する形式をとり、かつ、その内部に下部組織(支部等)を有する労働組合をいう。
     なお、このうち最下部の組織を「単位扱組合」、最上部の組織を「本部組合」という。
3 単位労働組合、単一労働組合
  1. (1) 単位労働組合とは、「単位組織組合」及び単一組織組合の下部組織である「単位扱組合」をいう。
  2. (2) 単一労働組合とは、「単位組織組合」及び単一組織組合の最上部の組織である「本部組合」をいう。
4 統計表の種類
(1) 単位労働組合に関する統計表
 単位労働組合を、下記[1] の計算式により集計した結果表であり、産業、企業規模及び適用法規別にみる場合等に用いている。
(2) 単一労働組合に関する統計表
 単一労働組合を、下記[2] の計算式により集計した結果表であり、全体の労働組合員数をみる場合に用いている。
 なお、単一労働組合の組合員数は、独自の活動組織をもたない労働組合員(非独立組合員)を含めて集計しているため、単位労働組合の組合員数より多くなっている。(下図参照)
単位組成組合(下部組織がない):X(x)、非独立組合員(y)。単一組織組合:本部「A」、単位扱(支部等)「a(a)、b(b)、c(c)、d(d)」。カッコ内は労働組合員数。

[1] 単位労働組合に関する計算式
労働組合数 = 5組合(X,a,b,c,d)
労働組合員数=(x)+(a)+(b)+(c)+(d)
[2] 単一労働組合に関する計算式
労働組合数 = 2組合(X,A)
労働組合員数=(x)+(a)+(b)+(c)+(d)+(y)
5 推定組織率
 推定組織率とは、雇用者数に占める労働組合員数の割合をいい、本調査で得られた労働組 合員数を、総務省統計局が実施している「労働力調査」の雇用者数(6月分の原数値)で除 して計算している。
6 パートタイム労働者の組合員
 パートタイム労働者とは、正社員・正職員以外で、次のいずれかに該当する者をいう。
  1. 1 労働組合の所属する事務所において、一日の所定時間が、その事業所の一般労働者より短い者
  2. 2 一日の所定労働時間が同じであっても、1週の所定労働日数が一般労働者よりも少ない者
  3. 3 事業所において、パートタイマー、パート等と呼ばれている労働者

集計方法

 厚生労働省大臣官房統計情報部において行う。

利用上の注意

  1. 1 統計表に用いている符号は次のとおりである。
     「0.0」・「0」 は、該当数値があるが四捨五入の結果、表章単位に満たないものを示す。
     ただし、対前年差(比)を算出する際に+あるいは−になったものは「+0」、「-0」等とした。
     「…」 は、該当数値が不明又は表章することが不適当なものを示す。
     「‐」 は、該当数値がないものを示す。
  2. 2 対前年差(比)、構成比及び推定組織率は人単位の労働組合員数を用いて算出している。
  3. 3 船員法第一条に規定する船員の結成する労働組合について、国土交通省海事局海事人材政策課が行った調査結果も含めて集計を行った。
  4. 4 平成23年の雇用者数及び推定組織率は、平成24年4月に総務省統計局から公表された「労働力調査における東日本大震災に伴う補完推計」の平成23年6月分の推計値及びその数値を用いて計算した値である。時系列比較の際は注意を要する。

利活用事例

  • 労働組合法、労働関係調整法等に基づく業務を行う上での基礎資料
  • 厚生労働白書(社会の実態や厚生労働省の施策について国民に周知する刊行物)において、「安定した労使関係の形成等」として定期的に使用。
  • 「労働経済の分析」において、労働組合の推定組織率の変化についての分析に使用。
  • 国際労働機関(ILO)や経済協力機構(OECD)において、国際比較を行うための、定期的な情報提供要請に対応。

ホーム > 統計情報・白書 > 各種統計調査 > 厚生労働統計一覧 > 労使関係総合調査(労働組合基礎調査) > 調査の結果

ページの先頭へ戻る