ホーム > 統計情報・白書 > 各種統計調査 > 厚生労働統計一覧 > 国民年金被保険者実態調査 > 国民年金被保険者実態調査:調査の概要

国民年金被保険者実態調査:調査の概要

調査の概要

調査の目的

  • 国民年金第1号被保険者について、保険料の納付状況ごとに、その実態を明らかにし、被保険者の国民年金に対する意識、保険料未納の理由など今後の国民年金事業運営に必要な資料を得ることを目的とする。

調査の対象

  • 平成26年3月末現在における国民年金第1号被保険者を調査の対象とし、調査対象から無作為に抽出した約12万人(うち約6万人に郵送調査を実施。)を調査の客体とする。ただし、以下の者を除く。
  • ア 任意加入被保険者
  • イ 外国人
  • ウ 法定免除者
  • エ 転出による住所不明者
  • オ 25歳以上の学生納付特例者
  • カ 東日本大震災を踏まえた、調査開始時点における福島県の避難指示区域(飯舘村、葛尾村、浪江町、双葉町、大熊町、富岡町の全域及び、川俣町、南相馬市、川内村、楢葉町の避難指示地区)

抽出方法

  • 層化無作為抽出

調査事項

  • 就業及び就学の状況、世帯の状況(消費支出額、生命保険支出額等)、国民年金に関する納付状況、国民年金に関する意識、本人及び世帯の所得の状況

調査の時期

  • 郵送調査 平成26年10月〜平成27年3月
  • 所得等調査 平成26年9月〜平成27年3月

※本調査は3年周期にて実施している。

調査の方法

  • 郵送調査は第1号被保険者に調査票を郵送で送付し、郵送で回収する。
  • 所得等調査は市区町村に調査票を郵送で送付し、郵送または電子メールで回収する。

調査の結果

用語の解説

利用上の注意

 「平成26年国民年金被保険者実態調査結果の概要」の第1章(4ページから8ページ)に掲載している図表の数値並びに統計表第1-1-1表から第1-2-2表及び第6-1表は、「25歳以上の学生納付特例者」及び「東日本大震災を踏まえた、調査開始時点における福島県の避難指示区域」を含めた調査対象者情報の全数集計を行っており、調査対象者となる第1号被保険者は1,594万7千人である。また、平成23年調査(前回調査)の数値についても「25歳以上の学生納付特例者」及び「岩手県、宮城県及び福島県の3県」を含めている。
 第2章以降(9ページから47ページ)に掲載している平成23年調査の数値は、岩手県、宮城県及び福島県の3県を除いたものである。


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 統計情報・白書 > 各種統計調査 > 厚生労働統計一覧 > 国民年金被保険者実態調査 > 国民年金被保険者実態調査:調査の概要

ページの先頭へ戻る