平成19年4月2日
 厚生労働省食品安全部
 加地 監視安全課長
 担当:鶏内、山本
 電話 03-5253-1111(2477)

米国における安全性未審査の遺伝子組換え米(長粒種)の流通事例について


  標記について、平成18年8月19日に報道発表していますが、平成19年3月の米国農務省(USDA)のLLRICE604に関する公表を含め、その後の関連情報を整理してQ&Aとしてまとめましたので情報提供いたします。

*平成18年8月19日報道発表  http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/08/h0819-1.html 参照






米国における安全性未審査の米国産遺伝子組換え米(長粒種)の流通事例について

Q.1  米国で遺伝子組換え米(LLRICE601)が流通していたとのことですが、どのような事例ですか。
A.1  平成18年8月19日(日本時間)、米国農務省(USDA)及び米国食品医薬品局(FDA)は、米国のバイエルクロップサイエンス社から商業用の米(長粒種)から遺伝子組換え米(LLRICE601)を微量検出したと通報があったことを公表しました。

(注1) LLRICE601は、除草剤(グルホシネート・アンモニウム)耐性を付与するたんぱく質(PATタンパク)を発現する品種であるが、商業化はされていない。
(注2) PATタンパクに関する参考サイト
http://www1.mhlw.go.jp/houdou/1109/h0910-2_13.html

Q.2  この遺伝子組換え米を食用とした場合、人の健康上の問題はありますか。
A.2  米国農務省(USDA)及び米国食品医薬品局(FDA)は、LLRICE601から発現するたんぱく質(PATタンパク)について安全性に問題はないとしています。
 また、平成18年11月に米国におけるLLRICE601の評価が行われており、人の健康には問題がないとしています。

Q.3  日本で遺伝子組換え米が発見された場合、どのような措置がとられますか。
A.3  日本では、遺伝子組換え米で安全性の審査の手続きを経たものはなく、どのような種類の遺伝子の組み換え技術によるものであっても、食品衛生法違反となるため、輸入、販売等は禁止されており、遺伝子組換え米が発見された場合には、関係事業者に対しこれを回収、廃棄させる等必要な措置がとられることになります。

Q.4  LLRICE601の流通事例に厚生労働省はどのような対応をしていますか。
A.4  厚生労働省では、情報の入手後直ちに在日米国大使館を通じて米国政府に対し、遺伝子組換え米が我が国に輸出されることがないよう要請するとともに、LLRICE601の混入に係る詳細な経緯、流通状況、検査方法等について情報提供を求めました。また、日本でのLLRICE601の検査が実施可能となるまでの間、米国産米(以下、加工品を含む。)の長粒種については輸入しないよう輸入者への指導を検疫所に指示し、国家貿易以外で既に輸入された米国産米については、長粒種であるか否かの確認と長粒種である場合には加工・販売を行わないよう指導することを都道府県等に通知することとしました。
 また、平成18年9月15日からは、LLRICE601の混入を検知するため、長粒種米及び長粒種米を主たる原料とする加工品を対象に輸入時の検査を実施しています。なお、中粒種及び短粒種米については、モニタリング検査を実施しています。

Q.5  平成18年8月19日以前に輸入されていた米国産米に遺伝子組換え米は流通していましたか。
A.5  平成18年8月19日付けの報道発表にあるとおり、米国産米を輸入した業者を管轄する地方自治体が調査したところ、1輸入者が平成18年に輸入した加工品において長粒種米を含むことが判明したため、LLRICE601の混入していないことを確認されるまで、本製品及び当該製品を使用した製品については販売を行わないよう指導しました。当該製品はLLRICE601の混入は不明でしたが、輸入者により廃棄等の措置がなされました。

Q.6  米国政府はLLRICE601以外にも遺伝子組換え米が流通していると公表していますが、どのように対応していますか。
A.6  USDAは、平成18年11月、2003年のCheniere種の種子にLLRICE62が含まれていたと公表しており、平成19年3月、Clearfield 131種の種子にLLRICE604が含まれていたと公表しています。
 これらの遺伝子組換え米については、LLRICE601の検出方法によって検出することが可能であるため、引き続き輸入時の検査を継続しています。なお、これまでのところ、検出事例はありません。


−関係情報リンク先−
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/08/h0819-1.html
http://www.aphis.usda.gov/newsroom/content/2006/11/rice_update.shtml
http://www.aphis.usda.gov/newsroom/content/2006/11/rice_deregulate.shtml
http://www.aphis.usda.gov/newsroom/content/2007/03/protein_clearfield131rice.shtml

トップへ