ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 労働基準 > 労災補償 > 労災レセプト電算処理システム > オンラインによる請求の場合

オンラインによる請求の場合

概要

 労災診療費等をオンライン(※1)により、都道府県労働局へ請求する方法です。
 オンラインによる請求を行う場合には、「(労災)電子情報処理組織の使用による費用の請求に関する届出 [52KB]」(※2、3)に必要事項を記載し、都道府県労働局に提出してください。
 都道府県労働局から、IDとパスワードが記載された「労災レセプト電算処理システムユーザ設定情報」が送付されますので、端末の設定作業及び確認試験(※4)を行ってください。

  1. ※1  支払基金・国保中央会のネットワークを共用しているため、労災診療費等のオンライン請求を行うためには、健康保険においてもオンライン請求を行っていることが必要です。
  2. ※2  届出に当たっては、「労災レセプト電算処理システム利用規約 [99KB]」への同意が必要ですので、事前に内容の確認をお願いします。
  3. ※3  届出事項に変更があった場合には、遅滞なく変更の届出を提出してください。「医療機関(薬局)コード」など、項目によっては、請求ができなくなる可能性がありますので、ご注意下さい。
  4. ※4  端末の設定作業については、「労災レセプト電算処理システムに関する参考資料」の「セットアップマニュアル」を参考に行ってください。 また、確認試験については、「労災レセプト電算処理システムに関する参考資料」の「操作マニュアル(労災保険指定医療機関等用)」を参考に行ってください。
     なお、レセプトファイルを送信するためには、レセプト送信用コンピューターに、レセプト送信プログラムのインストールが必要になるため、「労災レセプト電算処理システムに関する参考資料」の「レセプト送信プログラムをインストールする」を参考に行ってください。
     設定作業終了後は、確認試験を自由に行うことができます(毎月1日〜4日を除く)。
     また、確認試験は任意ですが、請求時のトラブルをあらかじめ避けるため、事前に行っていただくことを推奨します。
     なお、ご不明な点がある場合には、労災レセプト電算処理システムヘルプデスクにご照会ください。  

請求開始までの流れ

請求の方法

 毎月5日〜10日に、前月分までの診療費請求書等の電子データをオンライン請求してください。

日付 システムを利用できる時間帯 レセプトの請求 帳票等のダウンロード 確認試験
1日〜4日 −(停止) × × ×
5日〜7日 8:00〜21:00
8日〜10日 8:00〜24:00
11日〜12日 8:00〜21:00
13日〜月末 8:00〜21:00 ×
○:実施できます
△:訂正分(5〜10日の間にオンライン請求した際、受付不能エラー又は要確認エラーとなったため訂正したレセプト)の請求のみ実施できます
×:実施できません。

振込額決定情報について

 紙レセプトと同様に、厚生労働省本省から「労働者災害補償保険診療費支払振込通知書」を送付しますが、システムから振込額決定情報合計等がダウンロードできます。
 また、都道府県労働局の審査において増減の査定を行った場合は、増減点査定データもダウンロードできます。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 雇用・労働 > 労働基準 > 労災補償 > 労災レセプト電算処理システム > オンラインによる請求の場合

ページの先頭へ戻る