ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 他分野の取り組み > 国際関係 > 外国との交流事業・政策対話について > 第14回日EUシンポジウム 2012年7月18日(東京開催)共同記者発表

第14回日EUシンポジウム 2012年7月18日(東京開催)共同記者発表

 小宮山厚生労働大臣とアンドル欧州委員(雇用・社会政策・統合担当)は、第14回日EUシンポジウム「若年者のエンプロイアビリティの向上と労働市場参入の促進」の開催に際し、東京にて会談した。

 小宮山大臣とアンドル欧州委員は、日EUがともに直面している労働市場の課題について意見交換を行い、双方の政策担当者及び労使関係者の間で、相互学習を継続することの価値を再確認した。

 意見交換の主なポイントは、次のとおり。

1 共通の課題

 日EUは、経済危機が引き続き労働市場に影響を及ぼしていること、及び、持続的成長を達成し、包摂的な社会モデルを維持するためには、少子高齢化をはじめとする、より長期的課題の改善に向けた努力を継続する必要があることに焦点を当てて議論した。

2 雇用・社会政策における共通性

 シンポジウムでの議論を含め、意見交換を通じ、日EUは、各国の置かれた状況に応じた対策を講ずる必要性を認識するとともに、雇用・社会政策分野におけるアプローチ及び施策について、日EUが共通のビジョンを有していることを認識した。

3 相互学習の価値

 今次シンポジウムにおける活発な議論を通じ、日EUは、価値観と課題を共有するパートナーである日EUが雇用・社会政策について互いに学び合うことの重要性を再確認するとともに、双方の政策担当者及び労使関係者の間の相互学習関係を更に深めていく決意を新たにした。

14th Japan-EU Symposium Tokyo, 18 July 2012 Joint Press Statement

Ms Yoko Komiyama, Minister of Health, Labour and Welfare of Japan, and Mr. László Andor, European Commissioner for Employment, Social Affairs and Inclusion, met in Tokyo in the margins of the 14th Japan-EU Symposium on Employment and Social issues, focusing on “Improving employability and labour market participation among young people”.

Minister Komiyama and Commissioner Andor exchanged views on the labour markets challenges that both sides face, reaffirming the value of continuing mutual learning among policy makers and social partners. The main points emerging from the exchange of views are summarized below.

1. Common Challenges

Both sides highlighted the continued impacts on the labour markets resulting from the economic crisis, and the need to continue their efforts to addressing longer term challenges such as population ageing in order to achieve sustainable growth and maintain inclusive social models.

2. Commonality in employment and social policies

With their exchange of views, including the discussion at the Symposium, both sides confirmed their common vision as regards approaches and measures in the fields of employment and social policies, while recognizing the need to tailor policies to national circumstances.

3. Reconfirmation of the value of mutual learning

Building on the pertinence and fruitful discussions of this round of the Japan-EU Symposium, both sides reaffirmed the importance of mutual learning between Japan and the European Union on employment and social issues as like-minded partners with shared values and common challenges, and renewed their willingness to further deepen the relationship for mutual learning among policy makers and social partners.

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 他分野の取り組み > 国際関係 > 外国との交流事業・政策対話について > 第14回日EUシンポジウム 2012年7月18日(東京開催)共同記者発表

ページの先頭へ戻る