ホーム > フォトレポート > UHCフォーラム2017

フォトレポート

UHCフォーラム2017

写真(2017年12月13日〜12月14日)

2017年12月13日(水)〜12月14日(木)
 東京プリンスホテル
 開会スピーチを行う加藤厚生労働大臣
(写真提供:UHC Forum 2017)

 厚生労働省は、財務省、外務省、世界銀行、世界保健機関(WHO)、国連児童基金(UNICEF)、UHC2030、国際協力機構(JICA)との共催でUHCフォーラム2017を実施しました。
 本会合には、加藤厚生労働大臣のほか、安倍内閣総理大臣、各国の政府高官や国際機関などの代表、専門家が出席し、国際的なユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)推進に向けた議論が行われ、UHCの推進について、国際社会におけるモメンタムの強化、各国政府を中心に援助機関の連携強化などを柱とする「UHC東京宣言」を取りまとめました。
 また、加藤厚生労働大臣は、テドロスWHO事務局長やキム世界銀行総裁のほか、参加国の保健大臣などと個別会談を行いました。

(※1)「「UHC東京宣言」を取りまとめました 〜「UHCフォーラム2017」の開催結果〜」(平成29年12月14日)
(※2)「UHCフォーラム2017で加藤厚生労働大臣がスピーチを行いました」(平成29年12月20日報道発表)

(大臣官房国際課)

写真(2017年12月13日〜12月14日)
会場の様子
(写真提供:UHC Forum 2017)

写真(2017年12月13日〜12月14日)
テドロスWHO事務局長と個別会談を行う加藤厚生労働大臣

ホーム > フォトレポート > UHCフォーラム2017

ページの先頭へ戻る