ホーム > フォトレポート > フォトレポート(平成29年) > 平成29年度援護事業功労者の厚生労働大臣表彰式

フォトレポート

平成29年度援護事業功労者の厚生労働大臣表彰式

写真(2017年12月7日)

2017年12月7日(木)
厚生労働省内講堂
受賞者代表に表彰状を贈る蒲原厚生労働事務次官

 厚生労働省は、平成29年度援護事業功労者の厚生労働大臣表彰式を行いました。
 蒲原厚生労働事務次官は、本式典に出席し
 「今日の日本の平和と繁栄は、多くの方々の尊い犠牲と並々ならぬご労苦の上に築かれていることを決して忘れてはなりません。今後とも、日本の果たすべき重要な責務として、援護事業の推進に努力していくことを誓います。政府として、援護事業を着実に進めていくために、皆さまには、今後とも、これまでの豊富な経験と知識を活かし、なお一層のご尽力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます」
 と挨拶をしました。
 本式典は、戦没者のご遺族や戦傷病者の方々とそのご家族、あるいは中国から帰国された方々などへの援護事業に携わり、長年、貢献されてきた方を表彰するものです。
 今年度の表彰者は、98名(戦没者遺族援護功労92名、戦傷病者援護功労3名、引揚者援護功労2名、労苦継承援護功労1名)です。

●平成29年援護功労者の厚生労働大臣表彰者名簿
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-12101000-Shakaiengokyoku-Engo-Engokikakuka/0000185579.pdf [183KB]

(社会・援護局援護企画課)

写真(2017年12月7日)
挨拶する蒲原厚生労働事務次官

写真(2017年12月7日)
受賞者代表より謝辞を受ける蒲原厚生労働事務次官

写真(2017年12月7日)
会場の様子

ホーム > フォトレポート > フォトレポート(平成29年) > 平成29年度援護事業功労者の厚生労働大臣表彰式

ページの先頭へ戻る