ホーム > フォトレポート > 日本医師会・日本がん登録協議会共催シンポジウム

フォトレポート

日本医師会・日本がん登録協議会共催シンポジウム

写真(2017年11月25日)

2017年11月25日(土)
 日本医師会館大講堂
 日本医師会・日本がん登録協議会共催シンポジウム
 「始まった希少がん対策:がん登録で浮き彫りになるその実態」

 高木厚生労働副大臣は、日本医師会と日本がん登録協議会が共催するがん登録に関するシンポジウムに出席し「希少がんは、症例数が少ないなどの課題があり、実効性のある対策を行う上では、全国がん登録による正確な情報の収集と、その活用が不可欠です。『全国がん登録』の活用を通じて、国民の皆さまに成果をしっかりと還元してまいります」と挨拶をしました。

(健康局がん・疾病対策課)

写真(2017年11月25日)
シンポジウムで挨拶する高木厚生労働副大臣

ホーム > フォトレポート > 日本医師会・日本がん登録協議会共催シンポジウム

ページの先頭へ戻る