ホーム > フォトレポート > 第30回全国健康福祉祭あきた大会(ねんりんピック秋田2017)

フォトレポート

第30回全国健康福祉祭あきた大会(ねんりんピック秋田2017)

写真(2017年9月9日)

2017年9月9日(土)
秋田県
第30回全国健康福祉祭あきた大会(ねんりんピック秋田2017)で挨拶する高木厚生労働副大臣

 高木厚生労働副大臣は、第30回全国健康福祉祭あきた大会(ねんりんピック秋田2017)に出席しました。
 約1万7千人が参加した同大会の総合開会式で、高木厚生労働副大臣は「これからは支える側、支えられる側の2極化ではなく、地域の住民や多様な主体が『わが事』として参画し、子どもからお年寄りまで全ての世代の方々が互いに支え、支えられて『丸ごと』つながる『地域共生社会』の実現を推進してまいります」と、主催者挨拶をしました。
 開会式終了後、高木厚生労働副大臣は「ふれあい広場」などを視察しました。

(老健局振興課)

写真(2017年9月9日)
ふれあい広場で選手団を激励する高木厚生労働副大臣

写真(2017年9月9日)
総合開会式の様子

ホーム > フォトレポート > 第30回全国健康福祉祭あきた大会(ねんりんピック秋田2017)

ページの先頭へ戻る