ホーム > フォトレポート > ロシア連邦保健大臣との会談

フォトレポート

ロシア連邦保健大臣との会談

写真(2017年9月7日)

2017年9月7日(木)
ロシア連邦
ロシア連邦保健大臣との会談
(加藤厚生労働大臣(中央左)、スクヴォルツォヴァロシア連邦保健大臣(中央右))

 加藤厚生労働大臣は、厚生労働大臣就任後、初めての海外訪問先としてロシア連邦ウラジオストクを訪問しました。
 また、今回のロシア連邦訪問は、日露両国の国交正常化がなされた1956年以降、厚生労働大臣として初となります。
 スクヴォルツォヴァロシア連邦保健大臣との会談では、両国間で実施している医療協力の進展を確認するとともに、今後も更なる具体化に取り組むことに一致しました。
 また、会談終了後、両大臣の立ち会いの下
「健康づくり、予防分野」については、小川久雄 国立循環器病研究センター理事長とロシア国立予防医療科学研究センター長Oksana M. Drapkinaの代理として、ロシア連邦保健省ムラビヨフ国際協力局長が
「高齢者医療保健分野」については、鳥羽 研二 国立長寿医療研究センター理事長とロシア高齢者科学クリニックセンター長Olga Nikolaevna Tkachevaの代理として、ロシア連邦保健省ムラビヨフ国際協力局長が
 今後協力を進めていくべく、覚書の交換式を行いました。

(医政局総務課医療国際展開推進室)

写真(2017年9月7日)
会談の様子

ホーム > フォトレポート > ロシア連邦保健大臣との会談

ページの先頭へ戻る