ホーム > フォトレポート > 省内認知症サポーター養成講座

フォトレポート

省内認知症サポーター養成講座

写真(2017年9月4日)

2017年9月4日(月)
厚生労働省共用第7会議室
省内認知症サポーター養成講座を受ける
加藤厚生労働大臣、高木厚生労働副大臣、牧原厚生労働副大臣

 厚生労働省は、認知症サポーター養成講座を開催しました。
 加藤厚生労働大臣、高木厚生労働副大臣、牧原厚生労働副大臣と約60名の職員が本講座を受け「認知症サポーター」となりました。
 受講後、加藤厚生労働大臣は「認知症サポーターが地域でどのように参加しているのか事例を集めながら、認知症サポーターや認知症に対する理解を更に進め、認知症になられた方、家族の方が安心して暮らせる地域づくりにつなげていきたい」と述べました。
 厚生労働省では、認知症に関する正しい知識と理解を持ち、地域や職域で認知症の人や家族を支援する「認知症サポーター」の養成を進めております。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000089508.html

(老健局総務課認知症施策推進室)

ホーム > フォトレポート > 省内認知症サポーター養成講座

ページの先頭へ戻る