ホーム > フォトレポート > 広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式

フォトレポート

広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式

写真(2017年8月6日)

2017年8月6日(日)
平和記念公園(広島市)
『広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式』で、献花をする加藤厚生労働大臣

 戦後72年目を迎える今年、加藤厚生労働大臣は、原爆死没者の霊を慰め、また世界の恒久平和の実現を祈念するため、毎年開催されている『広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式』に参列しました。
 当日は、80カ国と欧州連合代表部からの来賓を含め、約5万人の参列者が会場に集まり、哀悼の意と恒久平和の実現に向けた祈りをこめて、黙とうを捧げました。
 また、式典後、加藤厚生労働大臣は、同市内の広島原爆養護ホーム『矢野おりづる園』を慰問し「皆さん、くれぐれも体調に注意して、元気でお過ごしください」と挨拶し、入所者の方々と握手をしました。

(健康局総務課原子爆弾被爆者援護対策室)

写真(2017年8月6日)
『矢野おりづる園』で入所者に花束を贈る加藤厚生労働大臣

ホーム > フォトレポート > 広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式

ページの先頭へ戻る