ホーム > フォトレポート > 日・ASEAN保健大臣会合 〜ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)と高齢化〜

フォトレポート

日・ASEAN保健大臣会合 〜ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)と高齢化〜

写真(2017年7月15日)

2017年7月15日(土)
ヒルトン東京お台場
日・ASEAN保健大臣会合で挨拶を行う塩崎厚生労働大臣

 厚生労働省は、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)(※)と高齢化をテーマとした、日・ASEAN保健大臣会合を開催しました。
 本会合には、塩崎厚生労働大臣のほか、ASEAN各国(インドネシア、カンボジア、シンガポール、タイ、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ラオス)の保健大臣等とWHO、世界銀行、アジア開発銀行等の関係機関の代表者が出席しました。
 本会合では、日本とASEAN各国、関係機関等との連携により、持続可能なUHCの2030年までの達成に向けた「日・ASEAN保健大臣共同宣言」と「日・ASEAN UHCイニシアチブ」を採択しました。
 塩崎厚生労働大臣は、冒頭挨拶と開会挨拶を行ったほか、フィリピンのウビアル保健大臣と共同議長を務め「持続可能なUHCの達成」と「コミュニティにおける包括ケアの推進」について、日本の経験を踏まえた発言を行いました。

※ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ (UHC:Universal Health Coverage)
全ての人が、適切な健康増進、予防、治療、機能回復に関するサービスを、支払い可能な費用で受けられる状態

(大臣官房国際課)

写真(2017年7月15日)
参加者と記念撮影する塩崎厚生労働大臣

写真(2017年7月15日)
共同記者会見の様子

ホーム > フォトレポート > 日・ASEAN保健大臣会合 〜ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)と高齢化〜

ページの先頭へ戻る