ホーム > フォトレポート > 中国残留邦人の代表から要望書を受け取る塩崎厚生労働大臣

フォトレポート

中国残留邦人の代表から要望書を受け取る塩崎厚生労働大臣

写真(2017年7月11日)

2017年7月11日(火)
厚生労働大臣室
中国残留邦人の代表から要望書を受け取る塩崎厚生労働大臣

 塩崎厚生労働大臣は、中国残留邦人の代表の方々と面会し意見交換を行いました。
 この面会は、平成19年7月に当時の与党プロジェクトチームが中国残留邦人等の新たな支援策をとりまとめたことを契機として、平成20年度から行っており、今回で10回目となります。
 中国残留邦人の池田澄江代表から、塩崎厚生労働大臣に、中国残留孤児に対する支援策に関する要望書が手交されました。
 この要望を受け、塩崎厚生労働大臣は「介護の問題、在宅での支援について、皆さまが言葉が不自由ということでご苦労されていることについて、より安心して介護サービスが受けられるよう、今年度はいくつか新しいことをさせていただきたいと考えています。皆さまのご苦労が少なくなるよう努力していきます」と述べました。

(社会・援護局援護企画課中国残留邦人等支援室)

写真(2017年7月11日)
面会に訪れた中国残留邦人の方々を迎える塩崎厚生労働大臣

写真(2017年7月11日)
面会の様子

ホーム > フォトレポート > 中国残留邦人の代表から要望書を受け取る塩崎厚生労働大臣

ページの先頭へ戻る