ホーム > フォトレポート > 第70回WHO総会

フォトレポート

第70回WHO総会

写真(2017年5月23日〜24日)

2017年5月23日(火)〜24日(水)
国際連合欧州本部(スイス・ジュネーブ)
第70回WHO総会に日本政府代表として出席し、政府代表演説を行う馬場厚生労働大臣政務官

 第70回世界保健総会(WHO総会)が開催され、馬場厚生労働大臣政務官が政府代表として出席しました。
 今回の総会では、23日に次期事務局長選挙が実施され、3名の候補者の中から、参加加盟国の投票により、エチオピア出身のテドロス氏が選出されました。これを受け、馬場厚生労働大臣政務官は、西太平洋地域を代表して祝辞を述べるとともに、選挙翌日の24日に、テドロス次期事務局長と会談を行い、積極的に意見交換を行いました。
 また、24日の政府代表演説では、馬場厚生労働大臣政務官から、昨年のG7伊勢志摩サミットやG7神戸保健大臣会合における成果も踏まえ、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)を含む持続可能な開発目標(SDGs)の達成に率先して取り組むとともに、チャン事務局長が前進させたWHOの健康危機改革を支持し、引き続き新事務局長が進める国際保健の取組について支援していくことを表明しました。
 さらに、馬場厚生労働大臣政務官は二国間協議等も積極的に行い、我が国の取組を紹介しつつ各国の課題や取組等について共有し、世界各国でも共通の課題となっている高齢化施策の推進や、保健医療分野における二国間協力の発展について意見交換を行いました。
 この他、今回の総会では次期予算に関する審議が行われ、事務局から提案された財政基盤強化のための3%の分担金増加を含む予算案が承認されました。

 (大臣官房国際課)
◇第70回WHO総会の詳細はこちら
http://www.who.int/mediacentre/events/2017/wha70/en/(第70回WHO総会HP(英語))

写真(2017年5月23日〜24日)
次期事務局長選挙で選出されたテドロス氏に対して祝辞を述べる馬場厚生労働大臣政務官

写真(2017年5月23日〜24日)
テドロス・アダノムWHO次期事務局長との会談後に握手を交わす馬場厚生労働大臣政務官

ホーム > フォトレポート > 第70回WHO総会

ページの先頭へ戻る