ホーム > フォトレポート > フォトレポート(平成27年) > 「世界中の人々の健康に貢献するため、日本としても国際保健に関わる人材育成は重要」。「第1回 国際保健に関する懇談会」の初会合で、挨拶をする塩崎厚生労働大臣。

フォトレポート

「世界中の人々の健康に貢献するため、日本としても国際保健に関わる人材育成は重要」。「第1回 国際保健に関する懇談会」の初会合で、挨拶をする塩崎厚生労働大臣。

写真(2015年8月25日)

2015年8月25日
省議室
「世界中の人々の健康に貢献するため、日本としても国際保健に関わる人材育成は重要」。「第1回 国際保健に関する懇談会」の初会合で、挨拶をする塩崎厚生労働大臣。

「第1回 国際保健に関する懇談会」が行われ、塩崎大臣、有識者らが参加しました。同会は、エボラ出血熱をはじめとする公衆衛生の危機や非感染性疾患の増加など、国際保健を取り巻く状況の変化に対応するため、国際保健人材の育成と国際保健戦略を検討することを目的に開催したものです。
 この日は、国際保健に関わる人材の育成やWHOをはじめとする国際保健機関との連携などについて意見交換が行われ、さまざまな見地からの声を聞くことができました。同会について塩崎大臣は、「世界の人々の健康に貢献するため、日本としても国際保健に関わる人材の育成が重要」と話しました。
 同会では、国際保健の分野で日本ができる貢献について、今後も検討を重ねていきます。
(大臣官房国際課)

◇当日の資料はこちら
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/other-kokusai.html?tid=291142

ホーム > フォトレポート > フォトレポート(平成27年) > 「世界中の人々の健康に貢献するため、日本としても国際保健に関わる人材育成は重要」。「第1回 国際保健に関する懇談会」の初会合で、挨拶をする塩崎厚生労働大臣。

ページの先頭へ戻る