ホーム > フォトレポート > フォトレポート(平成26年) > 「表彰を機に引き続き健康づくり運動を推進していただくことをお願いします」。「第3回健康寿命をのばそう!アワード表彰式」で挨拶する原厚生労働審議官。

フォトレポート

「表彰を機に引き続き健康づくり運動を推進していただくことをお願いします」。「第3回健康寿命をのばそう!アワード表彰式」で挨拶する原厚生労働審議官。

写真(2014年11月18日)

2014年11月18日
都市センターホテル5階オリオン(東京都千代田区)
「表彰を機に引き続き健康づくり運動を推進していただくことをお願いします」。「第3回健康寿命をのばそう!アワード表彰式」で挨拶する原厚生労働審議官。

 今年度も、生活習慣を改善して健康寿命をのばすための運動(スマート・ライフ・プロジェクト)の一環として「第3回健康寿命をのばそう!アワード」表彰式を開催しました。
 従来からの生活習慣予防の啓発・健康増進への取り組みに加え、今年度からは地域包括ケアシステムを構築するために介護予防・高齢者生活支援に取り組んでいる企業・団体・自治体も、受賞の対象となりました。
 当日、厚生労働省からは原厚生労働審議官が出席し、「生活習慣病予防分野」と「介護予防・高齢者生活支援分野」のそれぞれから選定された「最優秀賞1団体」、「優秀賞3団体」の計8団体に表彰状を授与しました。  原厚生労働審議官は、「国民誰もが健やかで、心豊かに生活できる活力ある社会を実現するため、また、社会保障制度を持続可能なものとしていくためには、一人ひとりが、自らの健康に強い関心をもって生活することはもちろん、こうした個人の健康づくりの取り組みを、行政だけでなく、企業、団体、地域社会など社会全体で応援していくことが必要です。表彰を機に引き続き健康づくり運動を推進していただくことをお願いします」と塩崎厚生労働大臣からの感謝とお祝いの言葉を伝えました。
 その後、「いきいき健康大使」である三浦雄一郎さんを迎えたミニトークショーでは「90歳になってエベレストに登頂したい、そのために私も日々努力しています」と、健康増進を目指す先駆者としての意気込みが伝えられ、式は閉幕となりました。
 厚生労働省では、今後も、「国民の健康寿命を延伸する社会」の構築に向けて取り組んでまいります。
(健康局がん対策・健康増進課、老健局老人保健課・振興課、保険局医療介護連携政策課医療費適正化対策推進室)

◇受賞者の一覧はこちら
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000065508.html

写真(2014年11月18日)
三浦雄一郎さんのトークショーの様子
「日々健康を保つためには、守りの健康づくりではなく、攻めの健康づくりが必要。そのためには、簡単なものでも良いので、目標を掲げて、それを達成するように日々努力していくことが重要です」というお話がありました。

<生活習慣病予防分野>
写真(2014年11月18日)
「市民の健康を願って『自分の健康は自分でつくり守る』保健補導員の健康づくり活動」で、厚生労働大臣最優秀賞を受賞した「須坂市保健補導員会」

<介護予防・生活支援分野>
写真(2014年11月18日)
住民共助による支え合い活動「むつみ愛サービス」で厚生労働大臣最優秀賞を受賞した「むつみ元気支援隊」

ホーム > フォトレポート > フォトレポート(平成26年) > 「表彰を機に引き続き健康づくり運動を推進していただくことをお願いします」。「第3回健康寿命をのばそう!アワード表彰式」で挨拶する原厚生労働審議官。

ページの先頭へ戻る