ホーム > フォトレポート > フォトレポート(平成26年) > 「がん検診 愛する家族への贈りもの」。平成26年度がん検診50%推進全国大会を開催しました。

フォトレポート

「がん検診 愛する家族への贈りもの」。平成26年度がん検診50%推進全国大会を開催しました。

写真(2014年10月4日)

2014年10月4日
六本木ヒルズ「大屋根プラザ」
「がん検診 愛する家族への贈りもの」。平成26年度がん検診50%推進全国大会を開催しました。

 厚生労働省では、平成21年度から、毎年10月を「がん検診受診率50%達成に向けた集中キャンペーン月間※」と定めて、がんによる死亡者の減少を図るほか、がんに関する正しい情報やがん検診の重要性などについて、理解と関心を高めるための取り組みを行っています。
 本取り組みの一環として、今年も「平成26年度がん検診50%推進全国大会※」を行いました。
 大会当日、新村健康局長は「近年の医学の進歩により、がんを早期に発見し治療することで、がんは、治る病気になってきています。精密検査が必要とされた方が、確実に精密検査を受けていただくことが重要と考えています」と塩崎厚生労働大臣からの挨拶を代読するとともに、「キャッチフレーズにちなんだ体験談コンテスト」で選考された作品に対して、厚生労働大臣最優秀賞を授与しました。
 その後、中川恵一先生(東京大学医学部附属病院放射線科准教授)によるミニ講座「がんに関する正しい知識について」、いきいき健康大使である有森裕子さんを交えてのトークセッション「がんって予防できるの?〜生活習慣とがんのひみつ〜」を行い、大いに盛り上がりました。
 「がん検診受診率50%達成に向けた集中キャンペーン月間」を通じて、がん検診の受診率向上に取り組んでいきますので、引き続き、よろしくお願いします。
(健康局がん対策・健康増進課)

※ 「がん検診受診率50%達成に向けた集中キャンペーン月間」と「平成26年度がん検診50% 推進全国大会」の詳細はこちら→http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000058698.html

写真(2014年10月4日)
「平成26年度がん検診50%達成に向けた体験談コンテスト」受賞者と記念撮影
写真左から、けんしんくん、河野さん(受賞者)、有森裕子さん、新村局長

写真(2014年10月4日)
中川先生と有森裕子さんによるトークセッションも行われました。

写真(2014年10月4日)
「スマートライフ応援団」である乃木坂46のメンバーも、VTRでがん検診の重要性をPRしました。

ホーム > フォトレポート > フォトレポート(平成26年) > 「がん検診 愛する家族への贈りもの」。平成26年度がん検診50%推進全国大会を開催しました。

ページの先頭へ戻る