ホーム > フォトレポート > フォトレポート(平成26年) > 石田純一さんと東尾理子さんから、風しん予防の普及・啓発のポスターを受け取る塩崎厚生労働大臣。

フォトレポート

石田純一さんと東尾理子さんから、風しん予防の普及・啓発のポスターを受け取る塩崎厚生労働大臣。

写真(2014年9月12日)

2014年9月12日
省内会議室
石田純一さんと東尾理子さんから、風しん予防の普及・啓発のポスターを受け取る塩崎厚生労働大臣。

 麻しん、風しんを排除するための対策を検討する「麻しん・風しん対策推進会議」の初会合を開催しました。会議開催に先立ち、同会議の有識者メンバーであるタレントの石田純一さんとプロゴルファーの東尾理子さんから、風しんの予防と検査について普及・啓発するためのポスターが塩崎大臣に手渡されました。石田さん、東尾さんは「風しんの怖さがあまり知られていない。ぜひ、(風しんの免疫を調べる)検査を受けてほしい」、「予防接種を受けてほしい」と呼びかけました。また、塩崎大臣は、「現在では全国的な流行はみられていませんが、今後の流行の有無にかかわらず、中長期的な視点に立って、社会全体で対策を進める必要があります」と話しました。
 その後の会議では、麻しん、風しんの発生状況と対策についての説明をはじめ、企業の取り組みとして、周知・啓発や健康管理から、個別対応などの事例を交えた発表などがあり、内容の濃い会議となりました。
(健康局 結核感染症課)

写真(2014年9月12日)
会議、冒頭の様子

当日の資料
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000057893.html

ホーム > フォトレポート > フォトレポート(平成26年) > 石田純一さんと東尾理子さんから、風しん予防の普及・啓発のポスターを受け取る塩崎厚生労働大臣。

ページの先頭へ戻る