ホーム > フォトレポート > フォトレポート(平成26年) > 「ご意見をお聞かせいただきながら、この改革が進められるように最大限、努力させていただきたい」。国民健康保険制度の基盤強化に関する国と地方の協議会で中間整理がなされ、一定の方向性が示されました。

フォトレポート

「ご意見をお聞かせいただきながら、この改革が進められるように最大限、努力させていただきたい」。国民健康保険制度の基盤強化に関する国と地方の協議会で中間整理がなされ、一定の方向性が示されました。

写真(2014年8月8日)

2014年8月8日
省内会議室

 「ご意見をお聞かせいただきながら、この改革が進められるように最大限、努力させていただきたい」。国民健康保険制度の基盤強化に関する国と地方の協議会で中間整理がなされ、一定の方向性が示されました。

 国民健康保険制度の見直しについて、都道府県知事や市町村長との検討を重ねてきた「国民健康保険制度の基盤強化に関する国と地方の協議会」で中間整理がなされました。
 中間整理は、平成26年1月に開催した第3回会合から現在までの間、計7回にわたって事務レベルで 実施したワーキンググループの議論を踏まえ、国民健康保険の見直しに関する課題や今後の方向性など について整理したものです。
 当日、田村厚生労働大臣は「少子高齢化のなかで、国民健康保険をどう改革していくかは、大きな課題です。また、医療保険という意味から考えますと、セーフティネットである国民健康保険を持続可能にしていくことも大変重要な課題であると考えています。われわれといたしましても財政上の構造的な問題の解決に関して、しっかり対応していかなければならないと思っています。あわせて市町村などの役割分担をはじめ、いろいろな課題について真摯にご意見をお聞かせいただきながら、この改革が進められるように最大限、努力させていただきたいと思っています」と挨拶を行い、改革に意欲を示しました。
 今後、引き続き検討を要する事項については、地方の理解が得られるよう、更に議論を深めることとし、年末までをめどに結論を得て、必要な法律案を平成27年に開会される国会の常会に提出することを目指します。
(保険局 国民健康保険課)

◇当日の資料はこちら
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000053862.html

写真(2014年8月8日)
田村大臣とともに協議に参加した赤石厚生労働大臣政務官

写真(2014年8月8日)
会場の様子

ホーム > フォトレポート > フォトレポート(平成26年) > 「ご意見をお聞かせいただきながら、この改革が進められるように最大限、努力させていただきたい」。国民健康保険制度の基盤強化に関する国と地方の協議会で中間整理がなされ、一定の方向性が示されました。

ページの先頭へ戻る