ホーム > フォトレポート > フォトレポート(平成25年) > 忌憚のないご意見、ありがとうございます!「厚生労働行政モニター会議」で活発な意見交換がなされました。

フォトレポート

忌憚のないご意見、ありがとうございます!「厚生労働行政モニター会議」で活発な意見交換がなされました。

写真(2013年11月29日)

2013年11月29日
岡山国際交流センター多目的ホール(岡山県岡山市)
忌憚のないご意見、ありがとうございます!
「厚生労働行政モニター会議」で活発な意見交換がなされました。

 厚生労働省が担当する施策は生活に密着した地域性の強い問題が多いため、住民の方々が、抱えている問題とその問題の解決方法をどのように考えているのか、また、どのようなことを見聞し、または体験しているかを、その都度把握して、実施する施策に反映させることが求められています。
 このため、厚生労働行政施策について、日々の生活のなかで気づいたことや、考えたこと、体験したことを教えていただくとともに、厚生労働行政施策に対する理解を促進することを目的として平成13年度に創設した制度が厚生労働行政モニター制度です。モニターの方々には、「随時報告」、「課題報告」、「アンケート調査」、「モニター会議への参加」を、適宜、お願いしています。
 今回、「介護」と「年金」をテーマに、岡山で厚生労働行政モニター会議を開催しました。
 それぞれのテーマの担当者から施策について説明を行い、理解を深めていただきました。
 また、質疑応答では、「介護保険で、消えた年金と同様の問題が起きないか疑問」、「介護保険料の値上げにならないようにしてほしい」、「免除された年金の追納期間を延長してほしい」、「将来、年金がもらえない、払ってきた年金が掛け捨てになるのではと心配」、「もっと情報発信に力を入れてほしい」、「人口の減少や年金について、もっと教育をすべき」など、忌憚ない意見が出ました。当日お聞かせいただいた貴重なご意見は、今後、施策などを検討する際に参考にさせていただきたいと思います。
 現在、来年度のモニターを募集しています。厚生労働行政にご興味のある方は、ぜひ、ご参加ください。
(大臣官房総務課広報室)

◇平成26年度厚生労働行政モニターの募集はこちら
http://www.mhlw.go.jp/houdou_kouhou/sanka/gyousei_monitor/bosyu_h26.html

写真(2013年11月29日)

介護の説明に先立ち挨拶する老健局職員

写真(2013年11月29日)

年金について説明する年金局職員

ホーム > フォトレポート > フォトレポート(平成25年) > 忌憚のないご意見、ありがとうございます!「厚生労働行政モニター会議」で活発な意見交換がなされました。

ページの先頭へ戻る