ホーム > フォトレポート > フォトレポート(平成25年) > 「今年を“予防元年”として、予防・健康管理に関する取り組みを進めてまいります」。第2回健康寿命をのばそう!アワード表彰式で挨拶する土屋厚生労働副大臣

フォトレポート

「今年を“予防元年”として、予防・健康管理に関する取り組みを進めてまいります」。第2回健康寿命をのばそう!アワード表彰式で挨拶する土屋厚生労働副大臣

写真(2013年11月11日)

2013年11月11日
都市センターホテル5階オリオン
「今年を“予防元年”として、予防・健康管理に関する取り組みを進めてまいります」。
第2回健康寿命をのばそう!アワード表彰式で挨拶する土屋厚生労働副大臣

 厚生労働省は健康づくりについて、従業員や職員、住民に対して、生活習慣病予防の啓発、健康増進のための優れた取り組みをしている企業・団体・自治体などを表彰する「健康寿命をのばそう! アワード」表彰式を開催しました。これは生活習慣を改善し、健康寿命をのばすために厚生労働省が行っている国民運動「スマート・ライフ・プロジェクト」の一環として、今年度で2回目を迎える表彰です。
 表彰式には、土屋副大臣が出席し、特に優れた取り組みに対して厚生労働大臣賞(最優秀賞1点、優秀賞3点)を授与しました。最優秀賞は株式会社タニタが受賞しました。
 土屋副大臣は、「厚生労働省では、今年を“予防元年”として、予防・健康管理に関する取り組みを進めてまいりますので、この表彰式を契機に、健康づくり運動がより一層推進されることを期待しております」と挨拶しました。

 いきいき健康大使の平原綾香さんは、表彰式とミニトークショーに出席。トークショーでは、9月に「いきいき健康大使」に任命されてからの活動について聞かれ「すごく反響があって、自分自身、風邪をひかないように、これまで以上に気をつけるようになり、いきいき健康大使としての自覚が出てきました」とコメント。また、「歌手を10年続けていますが、健康の大切さを身に染みて感じています。若いうちに健診を受けることが大事。私もブログやフェイスブックを通じて健診を呼び掛け、お役に立ちたいと思っています」と、いきいき健康大使として、さらなる啓発活動への意気込みを語りました。
 アワード評価委員会の永井委員長は講評として、「受賞19団体の皆さまの取り組みは、全国区での注目を集めることになりますので、ぜひ積極的な横に広がる活動への協力をお願いいたします」と話しました。
(健康局がん対策・健康増進課)

◇受賞者の一覧はこちら
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000028926.html

写真(2013年11月11日)

「若いうちに健診を受けることの大切さを、ブログやフェイスブックで呼び掛けます」
いきいき健康大使として、啓発活動への意気込みを語る平原綾香さん

写真(2013年11月11日)

厚生労働大臣最優秀賞を受賞した「株式会社タニタ」の谷田千里社長
受賞取り組みは、「集団健康づくりパッケージ『タニタの健康プログラム』の展開」

写真(2013年11月11日)

土屋副大臣、佐藤健康局長、永井評価委員長、いきいき健康大使の平原さん
および受賞企業等の皆さまでの記念撮影

ホーム > フォトレポート > フォトレポート(平成25年) > 「今年を“予防元年”として、予防・健康管理に関する取り組みを進めてまいります」。第2回健康寿命をのばそう!アワード表彰式で挨拶する土屋厚生労働副大臣

ページの先頭へ戻る