ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 食品 > 牛海綿状脳症(BSE)について > 牛海綿状脳症(BSE)スクリーニング検査の検査結果について(平成28年5月分まで)

牛海綿状脳症(BSE)スクリーニング検査の検査結果について(平成28年5月分まで)

平成28年6月15日
照会先:厚生労働省医薬・生活衛生局
生活衛生・食品安全部監視安全課
課長 道野 英司
課長補佐 東良 俊孝  (内線2440)
(代表電話) 03(5253)1111
(直通電話) 03(3595)2337

牛海綿状脳症(BSE)スクリーニング検査の検査結果について(平成28年5月分まで)

  1. ◎ BSEスクリーニング検査の結果は以下のとおり。

  (1)前年度までの検査の結果

  症状を呈する牛※1 下記月齢の牛※5 その他の牛 総計
搬入日 陰性 陽性※3 陰性 陽性※3 陰性 陽性※3 陰性 陽性※3
平成13年10月18日 〜 平成25年 3月31日 63,438 9 5,411,440 74※2 8,572,162 88 14,047,040 171 14,047,211
平成25年 4月 1日 〜 平成25年 6月30日 778 0 104,972 0 184,183 0 289,933 0 289,933
平成25年 7月 1日 〜 平成26年 3月31日 159 0 157,262 0 360 0 157,781 0 157,781
平成26年 4月 1日 〜 平成27年 3月31日 204 0 195,099 0 337 0 195,640 0 195,640
平成27年 4月 1日 〜 平成28年 3月31日 55 0 188,871 0 315 0 189,241 0 189,241

  (2)今年度の検査の結果

  症状を呈する牛※1 生後48ヶ月齢超の牛 その他の牛 総計
搬入日 陰性 陽性※3 陰性 陽性※3 陰性 陽性※3 陰性 陽性※3
平成28年4月1日〜 4月30日 4 0 14,450 0 17※4 0 14,471 0 14,471
平成28年5月1日〜 5月31日 2 0 12,630 0 26※4 0 12,658 0 12,658
6 0 27,080 0 43 0 27,129 0 27,129

(1)(2)の合計   総計
陰性 陽性※3
14,906,764 171 14,906,935
  1. ※1 生後24ヶ月以上の牛のうち、生体検査において運動障害、知覚障害、反射又は意識障害等の神経症状が疑われたもの及び全身症状を呈する牛
  2. ※2 BSE確認検査の結果、陰性と判断するには至らなかった1頭を含む「第12回牛海綿状脳症の検査に係る専門家会議の結果について」 http://www.mhlw.go.jp/houdou/2003/03/h0327-2.html
  3. ※3 BSEスクリーニング検査結果陽性の検体は、牛海綿状脳症の検査に係る専門家会議の委員が確認検査を実施しBSEの診断を行う。
     BSE検査開始以降にBSEと診断された牛は、21頭(平成13年9月に千葉県で確認された1例目及び死亡牛検査で確認された14例を含め、国内では36頭)。
    各陽性牛に関する詳細については、「牛海綿状脳症(BSE)等に関するQ&A」http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/bse/topics/tp010308-1.htmlに掲載
  4. ※4 検査を実施した主な具体的理由
    モニタリング検査として実施、生後24ヶ月未満であるが神経症状が疑われたため実施
  5. ※5 (1)表中の月齢は、次のとおりです。
    • 平成13年10月18日〜平成25年3月31日に搬入 : 生後30ヶ月齢以上の牛
    • 平成25年4月1日〜平成25年6月30日に搬入 : 生後30ヶ月齢超の牛
    • 平成25年7月1日〜平成26年3月31日に搬入 : 生後48ヶ月齢超の牛
    • 平成26年4月1日〜平成27年3月31日に搬入 : 生後48ヶ月齢超の牛
    • 平成27年4月1日〜平成28年3月31日に搬入 : 生後48ヶ月齢超の牛
  1. ◎ めん羊及び山羊の伝達性海綿状脳症(TSE)のスクリーニング検査結果
    平成17年10月1日〜平成28年5月31日までの検査頭数 56,644頭(全て陰性)

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 食品 > 牛海綿状脳症(BSE)について > 牛海綿状脳症(BSE)スクリーニング検査の検査結果について(平成28年5月分まで)

ページの先頭へ戻る