ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 健康 > 感染症情報 > 狂犬病 > 狂犬病に関するQ&Aについて

狂犬病に関するQ&Aについて

狂犬病

狂犬病に関するQ&Aについて

 平成18年には、フィリピンに滞在中に狂犬病の犬に咬まれ、感染し、ワクチン接種しなかったため、日本帰国後に狂犬病を発症する事例がありましたので、このことを踏まえて狂犬病に関するQ&Aを作製しました。

狂犬病流行地域に渡航される方へ
 渡航中に狂犬病に感染しないよう、以下のことについてご注意下さい!
滞在中にむやみに動物に手を出さないようにしましょう
万が一、滞在中に犬等に咬まれた場合には
(1)すぐに傷口を石けんと水でよく洗いましょう
(2)現地医療機関を受診し、傷の手当てと狂犬病のワクチン接種を受けましょう
(3)帰国時に検疫所(健康相談室)に申し出ましょう

犬を飼っている方へ
 狂犬病予防法に基づき、犬の飼い主には以下のことが義務づけられています。
市町村に犬を登録すること。
犬に毎年狂犬病の予防注射を受けさせること。
犬に鑑札と注射済票を付けること。
(1)毎年4月から6月は狂犬病予防注射期間です。
(3)詳しくは市町村の窓口にお問い合わせ下さい。


お問い合わせの多い質問

I 狂犬病について
Q1 狂犬病は人にも感染するのですか。
Q2 人はどのように感染しますか。
Q3 狂犬病が発生している国はどこですか。
Q4 どのような動物から感染しますか。
Q5 どのくらいの人が狂犬病に感染して亡くなっているのですか。
Q6 狂犬病に感染した犬はどのような症状を示しますか。
Q7 狂犬病に感染した人はどのような症状を示しますか。
Q8 日本ではどのくらい発生していますか。
Q9 狂犬病に感染した人から感染しますか。
Q10 狂犬病を発症した場合に治療法はありますか。
Q11 暴露後ワクチン接種とはどういうものですか。
Q12 狂犬病に感染してから発症するまで、どのくらいの期間がありますか。
Q13 犬に咬まれました。狂犬病に感染しますか。

II 海外渡航者の方へ
Q14 海外で犬に咬まれ、医療機関を受診せずに帰国しました。何処に相談すればよいでしょうか。
Q15 平成18年に、京都市や横浜市で狂犬病の患者が報告されたとの報道がありましたが、国内発生ではないのですか。
Q16 狂犬病の流行国に渡航する予定です。どのようなことに気を付ければいいですか。
Q17 事前の狂犬病の予防接種とはどういうものですか。
Q18 東南アジアで犬に咬まれ、現地医療機関で暴露後のワクチン接種を受けてきました。まだワクチンプログラムを完了していないのですが、国内でワクチンを接種してもらえますか。
Q19 自分が感染しているかどうかはどうやったら分かりますか。

III 犬を飼っている方・飼う予定の方へ
Q20 犬を飼うにあたって、何をしなければいけませんか。
Q21 どうして犬を登録をしないといけないのですか。
Q22 どうして犬に狂犬病予防注射を受けさせないといけないのですか。
Q23 犬の鑑札や注射済票はどこでもらえますか。
Q24 登録や狂犬病予防注射を受けていない犬やその所有者はどうなりますか。
Q25 犬を飼う場合だけに規制があるのはなぜですか。
Q26 犬と海外に行くにはどうすればよいですか。
Q27 国内で狂犬病が発生したら、飼っている犬はどうなりますか。

IV その他
Q28 犬以外の動物の輸出入について、狂犬病に関してどのような規制がなされていますか。


I 狂犬病について
Q1 狂犬病は人にも感染するのですか。
 A1 狂犬病はすべての哺乳類に感染することが知られており、もちろん人も例外ではありません。人も動物も発症するとほぼ100%死亡しますが、人では感染後(感染動物に咬まれた後)にワクチンを連続して接種することにより発症を防ぐことができます(Q11参照)。

Q2 人はどのように感染しますか。
 A2 主に狂犬病に感染した動物に咬まれ、唾液中に排出されるウイルスが傷口より体内に侵入することにより感染します。

Q3 狂犬病が発生している国はどこですか。
 A3 狂犬病は日本、英国、オーストラリア、ニュージーランドなどの一部の国々を除いて、全世界に分布します。つまり、海外ではほとんどの国で感染する可能性のある病気です。

狂犬病の発生状況(PDF:78KB)
地図(PDF:188KB)

Q4 どのような動物から感染しますか。
 A4 感染動物すべてから感染する可能性がありますが、主な感染源動物は以下のとおりです。渡航中は特にこれらの動物に咬まれないように注意してください。中でも、犬が人に対する主な感染動物です。
 アジア、アフリカ;犬、ネコ
 アメリカ、ヨーロッパ;キツネ、アライグマ、スカンク、コウモリ、ネコ、犬
 中南米;犬、コウモリ、ネコ、マングース

Q5 どのくらいの人が狂犬病に感染して亡くなっているのですか。
 A5 世界保健機構(WHO)の推計によると、世界では年間におおよそ5万5千人の人が亡くなっています。また、このうち3万人以上はアジア地域での死亡者と言われています。

Q6 狂犬病に感染した犬はどのような症状を示しますか。
 A6 狂騒型と麻痺型と言われるタイプがあり、狂騒型では、極度に興奮し攻撃的な行動を示します。また、麻痺型では後半身から前半身に麻痺が拡がり、食物や水が飲み込めなくなります。

Q7 狂犬病に感染した人はどのような症状を示しますか。
 A7 強い不安感、一時的な錯乱、水を見ると首(頚部)の筋肉がけいれんする(恐水症)、冷たい風でも同様にけいれんする(恐風症)、高熱、麻痺、運動失調、全身けいれんが起こります。その後、呼吸障害等の症状を示し、死亡します。

Q8 日本ではどのくらい発生していますか。
 A8 日本国内では、人は昭和31年(1956年)を最後に発生がありません。また、動物では昭和32年(1957年)の猫での発生を最後に発生がありません。現在、日本は狂犬病の発生のない国です。
 なお、輸入感染事例としては、狂犬病流行国で犬に咬まれ帰国後に発症した事例が、昭和45年(1970年)にネパールからの帰国者で1例、平成18年(2006年)にフィリピンからの帰国者で2例あります。

Q9 狂犬病に感染した人から感染しますか。
 A9 通常、狂犬病が人から人に感染することはありません。これまでに臓器移植による感染が認められていますが、非常にまれな事例といえます。なお、輸血により感染したという報告はありません。

Q10 狂犬病を発症した場合に治療法はありますか。
 A10 狂犬病は一旦発症すれば効果的な治療法はなく、ほぼ100%の方が亡くなります。感染動物に咬まれるなど感染した疑いがある場合には、その直後から連続したワクチンを接種(暴露後ワクチン接種)をすることで発症を抑えることができます(Q11参照)。

Q11 暴露後ワクチン接種とはどういうものですか。
 A11 狂犬病発生地域で犬などに咬まれて感染した可能性がある場合に、発症を予防するため接種するワクチンのことをいい、出来るだけ早く接種を開始する必要があります。暴露後ワクチンは、初回のワクチン接種日を0日として、3日、7日、14日、30日及び90日の計6回皮下に接種します。

Q12 狂犬病に感染してから発症するまで、どのくらいの期間がありますか。
 A12 狂犬病は感染してから発症するまでの期間(潜伏期)が一般に1ヶ月から3ヶ月、長い場合には感染してから1年から2年後に発症した事例もあります。なお、発症前に感染の有無を診断することが出来ません。

Q13 犬に咬まれました。狂犬病に感染しますか。
 A13 日本国内の場合、狂犬病は発生していないので感染の心配はありません。
 海外、特に東南アジア等の流行国で狂犬病が疑われるイヌ、ネコおよび野生動物に咬まれたりした場合、まず傷口を石鹸と水でよく洗い流し、できるだけ早期に医療機関を受診して下さい。
 咬んだ動物の特定ができ、予後を観察できる場合、咬まれてから2週間以上その動物が狂犬病の症状を示さない場合には、咬まれた時に狂犬病に感染した可能性を否定できるので、暴露後ワクチンの連続接種を中止できます。

II 海外渡航者の方へ
Q14 海外で犬に咬まれ、医療機関を受診せずに帰国しました。何処に相談すればよいでしょうか。
 A14 狂犬病に感染した疑いがある場合には、できるだけ早期に狂犬病ワクチンの接種を受ける必要があります。最寄りの保健所または医療機関にご相談下さい。また、狂犬病の予防接種を受けられる医療機関については、検疫所のホームページ(http://www.forth.go.jp)でご紹介しています。

Q15 平成18年に、京都市や横浜市で狂犬病の患者が報告されたとの報道がありましたが、国内発生ではないのですか。
 A15 平成18年(2006年)11月にフィリピンで犬にかまれ、帰国後狂犬病を発症して亡くなる事例がありました。この様な狂犬病の輸入感染事例は昭和45年(1970年)以降36年ぶりです。

Q16 狂犬病の流行国に渡航する予定です。どのようなことに気を付ければいいですか。
 A16 感染しないようにするためには、むやみに動物に近づかないことが重要です。動物に近寄ったり、医療機関のないような地域に行く場合については、事前に狂犬病の予防接種を受けることも検討してください。また、万が一渡航先で動物に咬まれた場合は、現地医療機関を受診し、傷の手当てと狂犬病ワクチンの接種を受けて下さい。また、帰国時に検疫所(相談室)に相談してください。

Q17 事前の狂犬病の予防接種とはどういうものですか。
 A17 狂犬病の流行地域に渡航する場合であって、動物との接触が避けられない、又は、近くに医療機関がないような地域に長期間滞在するような方は、渡航前に予防接種を受けることをお勧めします。
 十分な免疫力を得るためには、4週間間隔で2回の皮下注射と、6〜12ヶ月後の追加注射が必要となります。
 なお、暴露前のワクチン接種を行っている場合であっても、犬などに咬まれて感染した可能性がある場合には暴露後のワクチン接種が必要です。事前予防接種の履歴が明らかな場合には、暴露後免疫は、接種初日(0日)と3日後の2回接種をすることになります。

Q18 東南アジアで犬に咬まれ、現地医療機関で暴露後のワクチン接種を受けてきました。まだワクチンプログラムを完了していないのですが、国内でワクチンを接種してもらえますか。
 A18 狂犬病は一度発症するとほぼ100%死亡する恐ろしい病気です。発症を確実に防ぐために、ワクチンプログラムを必ず完了させることが必要です。国内の医療機関でも、狂犬病のワクチンを接種してもらうことが出来ますので、医療機関に相談してください。なお、狂犬病の予防接種可能な医療機関については、検疫所のホームページ(http://www.forth.go.jp)でご紹介しています。

Q19 自分が感染しているかどうかはどうやったら分かりますか。
 A19 咬んだ動物の特定ができ、その動物の予後を観察できる場合、受傷してから2週間以上その動物が狂犬病の症状を示さない場合には、咬まれたときに狂犬病に感染した可能性を否定できます。ご自身の検査により感染しているかどうかを調べることはできません。発症してしまうと治療法はありませんので、流行地で動物に咬まれるなど感染した疑いがある場合には、直ちに暴露後ワクチン接種を開始することをお勧めします。

III 犬を飼っている方・飼う予定の方へ
Q20 犬を飼うにあたって何をしないといけないでしょうか。
 A20 「狂犬病予防法」(昭和25年法律第247号)に基づき、91日齢以上の犬の所有者は、その犬を所有してから30日内に市町村に犬の登録をし、鑑札の交付を受けるとともに、狂犬病の予防注射を犬に受けさせ、注射済票の交付を受けなければなりません。また、交付された鑑札と注射済票は、必ず犬に付けなければなりません。
 日本国内には狂犬病の発生はありませんが、近隣諸国では狂犬病がまん延しており、日本への本病の侵入リスクは皆無ではありません。犬を飼われている方は、社会に対する責務として、犬の登録と年1回の狂犬病の予防注射を必ず行ってください。

Q21 どうして犬を登録しないといけないのですか。
 A21 狂犬病は全ての哺乳類に感染しますが、人が感染する場合、その感染源となる動物のほとんどは犬であると言われています。現在では日本国内での狂犬病の発生は見られませんが、万が一日本で狂犬病が発生した場合に迅速な対応をとるためにも、日頃から飼い犬がどこに何頭いるのかを把握しておくのは大変重要なことです。犬を飼う人の義務ですので、必ず飼い犬の登録をしましょう。

Q22 どうして犬に狂犬病の予防注射を受けさせないといけないのですか。
 A22 狂犬病は全ての哺乳類に感染しますが、まん延の原因となる動物は限られており、アジア地域等、狂犬病の流行国では、犬が主なまん延源となっています。従って、飼い犬に狂犬病の予防注射を接種することで犬でのまん延が予防され、人への被害を防ぐことができ、日本でも万が一狂犬病が侵入した場合に備えて、飼い犬への狂犬病予防注射を義務づけています。
 犬を飼う人の義務ですので、毎年1回、必ず飼い犬に狂犬病の予防注射を受けさせましょう。

Q23 犬の鑑札や注射済票はどこでもらえますか。
 A23 市町村の窓口で交付しています。詳しくは市町村にお尋ね下さい。

Q24 登録や狂犬病の予防注射を受けていない犬やその犬の所有者はどうなりますか。
 A24 登録されていない犬、狂犬病の予防注射を受けていない犬、鑑札や注射済票を装着していない犬は、捕獲・抑留の対象となります。また、飼い犬を登録していない所有者や飼い犬に予防注射を受けさせていない所有者、飼い犬に鑑札や注射済票を装着していない所有者は20万円以下の罰金の対象となります。

Q25 犬を飼う場合だけに規制があるのはなぜですか。
 A25 狂犬病は全ての哺乳類に感染しますが、特にアジアなどの流行地域での主なまん延の原因は犬です。世界中で狂犬病に感染する人の9割以上が犬から感染していることを見ても、人への被害を予防するために、犬の狂犬病をコントロールすることは有効です。日本でも万が一狂犬病が侵入した場合に備えた国内対策として、(1)飼い犬の登録と(2)飼い犬への狂犬病予防注射、(3)放浪犬の抑留を実施しています。

Q26 犬と海外に行くにはどうすればよいですか。
 A26 犬を海外に連れて行ったり、海外から連れて帰ってきたりする場合には、農林水産省動物検疫所で検疫を受ける必要があります。詳しくは農林水産省動物検疫所にお尋ね下さい。
 この他の動物の輸出入についてはQ28をご覧下さい。

Q27 国内で狂犬病が発生した場合、飼っている犬はどうなりますか。
 A27 発生地域内の犬に対して、けい留(繋いで飼うこと)の命令等が出されます。その他、狂犬病のまん延を防止するための犬の一斉検診や狂犬病予防注射、犬の移動の制限、交通の遮断等の措置が必要に応じて講じられます。

IV その他
Q28 犬以外の動物の輸出入について、狂犬病に関してどのような規制がなされていますか。
 A28 猫、アライグマ、キツネ及びスカンクについては狂犬病予防法に基づき、また、家畜については家畜伝染病予防法に基づき、輸出入検疫が必要です。その他の哺乳動物については、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律に基づき輸入時の届出が必要です。
 輸出入検疫の手続きについては農林水産省動物検疫所に、輸入時の届出手続きについては厚生労働省検疫所に御確認下さい。
PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe Reader(日本語版)」が必要です。
お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)してご利用ください。
Get Adobe Reader

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 健康 > 感染症情報 > 狂犬病 > 狂犬病に関するQ&Aについて

ページの先頭へ戻る