ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 医薬品・医療機器 > 薬物乱用防止に関する情報 > 現在の薬物乱用の状況

現在の薬物乱用の状況

現在の薬物乱用の状況

1.薬物事犯検挙状況

○我が国の近年の薬物事犯の検挙者は、覚醒剤及び大麻が大半をしめています。

  • 事犯別検挙者数(PDF:77KB) 
  • 主な薬物の押収量(PDF:64KB) 
  • その他(PDF:104KB) 

2.薬物使用の状況

○我が国の全国15歳以上64歳以下の生涯経験率(%)は、全薬物(有機溶剤を除く。)で1.5%となっています。

(注)生涯経験率:これまでに1回でも薬物を経験したことがある者の率

  • 薬物使用に関する全国住民調査(2011年)(PDF:63KB) 

○我が国の生涯経験率は、主要な欧米諸国と比較すると非常に低い水準となっています。

  • 主要な国の薬物別生涯経験率(PDF:78KB) 

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。
Adobe Readerは無料で配布されています。(次のアイコンをクリックしてください。) Get Adobe Reader

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 医薬品・医療機器 > 薬物乱用防止に関する情報 > 現在の薬物乱用の状況

ページの先頭へ戻る