ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 医薬品・医療機器 > 薬物乱用防止に関する情報 > 麻薬中毒関係

麻薬中毒関係

麻薬中毒関係

【ポイント】

○ 医師、麻薬取締官、警察官等が麻薬中毒者又はその疑いがある者を発見した場合に、麻薬及び向精神薬取締法において、その居住地の都道府県知事に届出・通報することが義務づけられている。平成13年以降、この届出・通報があった者は増加傾向にあったが、平成22年以降減少し、平成24年は2人であった。原因薬物は、大麻である。 

○ 麻薬中毒者及び措置入院者年次別状況表(PDF:24KB)

○ 薬物相談窓口における相談件数(PDF:61KB)

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。
Adobe Readerは無料で配布されています。(次のアイコンをクリックしてください。) Get Adobe Reader

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 医薬品・医療機器 > 薬物乱用防止に関する情報 > 麻薬中毒関係

ページの先頭へ戻る