厚生労働省

  • 文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大

ご覧の施策内容について多くの皆さまのご意見をお待ちしております。意見を送信する


海外での戦没者の死亡状況について、帰還した元上官らから聴き取りした資料について
〜資料の閲覧ができます〜

先の大戦中に海外で亡くなられた方の死亡認定は、各部隊長からの死亡報告を基に行われていました。

しかし、大戦末期は内地との通信が途絶するような状況で死亡報告できないケースも少なくなく、その場合は戦後、元の上官や同僚が引き揚げてきた際に聴き取りを行って死亡認定の事務処理をしていました。

この聴き取り資料は、亡くなられた状況や病気の様子などが記載された貴重な歴史資料であるため、閲覧できるようにしました。

《資料の概要》

《旧陸軍死亡者関係資料》

《旧海軍死亡者関係資料》

《旧陸軍死亡者関係資料》分割版

《旧海軍死亡者関係資料》分割版

(お問い合わせ先)

厚生労働省社会・援護局 業務課調査資料室

電話 03−5253−1111(代表)

PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。
Adobe Readerは無料で配布されています。(次のアイコンをクリックしてください。) Get Adobe Reader


トップへ