アクセシビリティ閲覧支援ツール

添付一覧

添付画像はありません

備考

ヒト成長ホルモン治療を行う場合においては、この表に定める疾病の状態の程度であって次の基準を満たすものを対象とする。

Ⅰ 開始基準

新たに治療を開始する場合は、次の要件を満たすこと。

1 成長ホルモン(GH)分泌不全性低身長症(脳の器質的原因によるものを除く。)による低身長の場合 次のいずれも満たすこと。ただし、乳幼児で成長ホルモン分泌不全が原因と考えられる症候性低血糖がある場合は、(3)を満たしていれば足りること。

(1) 現在の身長が別表第一に掲げる値以下であること。

(2) IGF―1(ソマトメジンC)値が200ng/ml未満(5歳未満の場合は、150ng/ml未満)であること。

(3) 乳幼児で成長ホルモン(GH)分泌不全が原因と考えられる症候性低血糖がある場合は1種以上、その他の場合は2種以上の成長ホルモン分泌刺激試験(空腹下で行われた場合に限る。)の全ての結果(試験前の測定値を含む。)で、成長ホルモンの最高値が6ng/ml(GHRP―2負荷では16ng/ml)以下であること。

2 後天性下垂体機能低下症、先天性下垂体機能低下症又は成長ホルモン(GH)分泌不全性低身長症(脳の器質的原因によるものに限る。)(1種以上の成長ホルモン分泌刺激試験(空腹下で行われた場合に限る。)の全ての結果(試験前の測定値を含む。)で、成長ホルモンの最高値が6ng/ml(GHRP―2負荷では16ng/ml)以下である場合に限る。)による低身長の場合 次のいずれかに該当すること。

(1) 現在の身長が別表第二に掲げる値以下であること。

(2) 年間の成長速度が、2年以上にわたるか否かを問わず、別表第三に掲げる値以下で経過していること。

3 ターナー症候群又はプラダー・ウィリ症候群による低身長の場合 次のいずれかに該当すること。

(1) 現在の身長が別表第二に掲げる値以下であること。

(2) 年間の成長速度が、2年以上にわたって別表第三に掲げる値以下であること。

4 ヌーナン症候群による低身長の場合 現在の身長が別表第二に掲げる値以下であること。

5 軟骨低形成症又は軟骨無形成症による低身長の場合 現在の身長が別表第四に掲げる値以下であること。

6 腎機能低下による低身長の場合 現在の身長が別表第一に掲げる値以下であること。

Ⅱ 継続基準

次のいずれかに該当すること。

1 後天性下垂体機能低下症、先天性下垂体機能低下症、成長ホルモン(GH)分泌不全性低身長症(脳の器質的原因によるものに限る。)又は成長ホルモン(GH)分泌不全性低身長症(脳の器質的原因によるものを除く。)による低身長の場合 初年度は、年間成長速度が6.0cm/年以上又は治療中1年間の成長速度と治療前1年間の成長速度との差が2.0cm/年以上であること。治療2年目以降は、年間成長速度が3.0cm/年以上であること。

2 腎機能低下、ターナー症候群、プラダー・ウィリ症候群、ヌーナン症候群、軟骨低形成症又は軟骨無形成症による低身長の場合 初年度は、年間成長速度が4.0cm/年以上又は治療中1年間の成長速度と治療前1年間の成長速度との差が1.0cm/年以上であること。治療2年目以降は、年間成長速度が2.0cm/年以上であること。治療3年目以降は、年間成長速度が1.0cm/年以上であること。

Ⅲ 終了基準

男子にあっては身長156.4cm、女子にあっては身長145.4cmに達したこと。

第六表 こう原病

区分

番号

疾病名

疾病の状態の程度

血管炎症候群

1

結節性多発動脈炎

治療で非ステロイド系抗炎症薬、ステロイド薬、免疫調整薬、免疫抑制薬、抗凝固療法、γグロブリン製剤、強心利尿薬、理学作業療法、生物学的製剤又は血漿しよう交換療法のうち一つ以上を用いている場合


2

顕微鏡的多発血管炎

同上


3

好酸球性多発血管炎性肉芽腫症

同上


4

高安動脈炎

同上


5

多発血管炎性肉芽腫症

同上

こう原病疾患

6

抗リン脂質抗体症候群

治療で非ステロイド系抗炎症薬、ステロイド薬、免疫調整薬、免疫抑制薬、抗凝固療法、γグロブリン製剤、強心利尿薬、理学作業療法、生物学的製剤又は血漿しよう交換療法のうち一つ以上を用いている場合


7

シェーグレン症候群

同上


8

若年性特発性関節炎

同上


9

全身性エリテマトーデス

同上


10

皮膚筋炎/多発性筋炎

同上


11

ベーチェット病

同上

再発性多発軟骨炎

12

再発性多発軟骨炎

治療で非ステロイド系抗炎症薬、ステロイド薬、免疫調整薬、免疫抑制薬、抗凝固療法、γグロブリン製剤、強心利尿薬、理学作業療法、生物学的製剤又は血漿しよう交換療法のうち一つ以上を用いている場合

自己炎症性疾患

13

インターロイキンⅠ受容体きつ抗分子欠損症

治療で非ステロイド系抗炎症薬、ステロイド薬、免疫調整薬、免疫抑制薬、抗凝固療法、γグロブリン製剤、強心利尿薬、理学作業療法、生物学的製剤又は血漿しよう交換療法のうち一つ以上を用いている場合


14

家族性地中海熱

同上


15

のう性無菌性関節炎・壊疽えそのう皮症・アクネ症候群

同上


16

クリオピリン関連周期熱症候群

同上


17

高IgD症候群(メバロン酸キナーゼ欠損症)

同上


18

TNF受容体関連周期性症候群

同上


19

中條・西村症候群

同上


20

ブラウ症候群/若年発症サルコイドーシス

同上


21

慢性再発性多発性骨髄炎

同上


22

13から21までに掲げるもののほか、自己炎症性疾患

同上

皮膚・結合組織疾患

23

強皮症

治療で非ステロイド系抗炎症薬、ステロイド薬、免疫調整薬、免疫抑制薬、抗凝固療法、γグロブリン製剤、強心利尿薬、理学作業療法、生物学的製剤又は血漿しよう交換療法のうち一つ以上を用いている場合


24

混合性結合組織病

同上

第七表 糖尿病

区分

番号

疾病名

疾病の状態の程度

糖尿病

1

1型糖尿病

治療でインスリンその他の糖尿病治療薬又はIGF―1のうち一つ以上を用いている場合


2

インスリン受容体異常症

同上


3

脂肪萎縮性糖尿病

同上


4

若年発症成人型糖尿病(MODY)

同上


5

新生児糖尿病

同上


6

2型糖尿病

同上


7

1から6まで掲げるもののほか、糖尿病

同上

第八表 先天性代謝異常

区分

番号

疾病名

疾病の状態の程度

アミノ酸代謝異常症

1

アルギニノコハク酸合成酵素欠損症(シトルリン血症)

左欄の疾病名に該当する場合


2

アルギニノコハク酸尿症

同上


3

N―アセチルグルタミン酸合成酵素欠損症

同上


4

オルニチントランスカルバミラーゼ欠損症

同上


5

カルバミルリン酸合成酵素欠損症

同上


6

高アルギニン血症

同上


7

高オルニチン血症

同上


8

高チロシン血症1型

同上


9

高チロシン血症2型

同上


10

高チロシン血症3型

同上


11

高プロリン血症

同上


12

高メチオニン血症

同上


13

シスチン尿症

同上


14

シトリン欠損症

同上


15

ハートナップ病

同上


16

非ケトーシス型高グリシン血症

同上


17

フェニルケトン尿症(高フェニルアラニン血症)

同上


18

プロリダーゼ欠損症

同上


19

ホモシスチン尿症

同上


20

メープルシロップ尿症

同上


21

リジン尿性たん白不耐症

同上


22

1から21までに掲げるもののほか、アミノ酸代謝異常症

同上

α1―アンチトリプシン欠損症

23

α1―アンチトリプシン欠損症

左欄の疾病名に該当する場合

金属代謝異常症

24

亜硫酸酸化酵素欠損症

左欄の疾病名に該当する場合

25

ウィルソン病

同上


26

オクシピタル・ホーン症候群

同上


27

先天性腸性肢端皮膚炎

同上


28

無セルロプラスミン血症

同上


29

メンケス病

同上


30

24から29までに掲げるもののほか、金属代謝異常症

同上

結合組織異常症

31

エーラス・ダンロス症候群

左欄の疾病名に該当する場合


32

リポイドタンパク症

同上


33

31及び32に掲げるもののほか、結合組織異常症

同上

脂質代謝異常症

34

家族性高コレステロール血症

左欄の疾病名に該当する場合

35

家族性複合型高脂質血症

同上


36

原発性高カイロミクロン血症

同上


37

高比重リポタンパク(HDL)欠乏症

同上


38

無β―リポタンパク血症

同上


39

34から38までに掲げるもののほか、脂質代謝異常症

同上

脂肪酸代謝異常症

40

カルニチンアシルカルニチントランスロカーゼ欠損症

左欄の疾病名に該当する場合


41

カルニチンパルミトイルトランスフェラーゼⅠ欠損症

同上


42

カルニチンパルミトイルトランスフェラーゼⅡ欠損症

同上


43

極長鎖アシルCoA脱水素酵素欠損症

同上


44

三頭酵素欠損症

同上


45

3―ヒドロキシアシルCoA脱水素酵素欠損症

同上


46

全身性カルニチン欠損症

同上


47

短鎖アシルCoA脱水素酵素欠損症

同上


48

中鎖アシルCoA脱水素酵素欠損症

同上


49

40から48までに掲げるもののほか、脂肪酸代謝異常症

同上

神経伝達物質異常症

50

GABAアミノ基転移酵素欠損症

左欄の疾病名に該当する場合

51

コハク酸セミアルデヒド脱水素酵素欠損症

同上


52

チロシン水酸化酵素欠損症

同上


53

ドーパミンβ―水酸化酵素欠損症

同上


54

ビオプテリン代謝異常症

同上


55

芳香族L―アミノ酸脱炭酸酵素欠損症

同上


56

50から55までに掲げるもののほか、神経伝達物質異常症

同上

先天性ポルフィリン症

57

先天性ポルフィリン症

左欄の疾病名に該当する場合

糖質代謝異常症

58

遺伝性フルクトース不耐症

左欄の疾病名に該当する場合

59

ウリジル二リン酸ガラクトース―4―エピメラーゼ欠損症

同上


60

ガラクトース―1―リン酸ウリジルトランスフェラーゼ欠損症

同上


61

ガラクトキナーゼ欠損症

同上


62

グリコーゲン合成酵素欠損症(糖原病0型)

同上


63

グルコーストランスポーター1(GLUT1)欠損症

同上


64

糖原病Ⅰ型

同上


65

糖原病Ⅲ型

同上


66

糖原病Ⅳ型

同上


67

糖原病Ⅴ型

同上


68

糖原病Ⅵ型

同上


69

糖原病Ⅶ型

同上


70

糖原病Ⅸ型

同上


71

フルクトース―1,6―ビスホスファターゼ欠損症

同上


72

ホスホエノールピルビン酸カルボキシキナーゼ欠損症

同上


73

58から72までに掲げるもののほか、糖質代謝異常症

同上

ビタミン代謝異常症

74

先天性葉酸吸収不全症

左欄の疾病名に該当する場合

75

74に掲げるもののほか、ビタミン代謝異常症

同上

プリンピリミジン代謝異常症

76

アデニンホスホリボシルトランスフェラーゼ欠損症

左欄の疾病名に該当する場合

77

オロト酸尿症

同上


78

キサンチン尿症

同上


79

尿酸トランスポーター異常症

同上


80

ヒポキサンチングアニンホスホリボシルトランスフェラーゼ欠損症(レッシュ・ナイハン症候群)

同上


81

76から80までに掲げるもののほか、プリンピリミジン代謝異常症

同上

ペルオキシソーム病

82

副腎白質ジストロフィー

左欄の疾病名に該当する場合

83

ペルオキシソーム形成異常症

同上


84

レフサム病

同上


85

82から84までに掲げるもののほか、ペルオキシソーム病

同上

ミトコンドリア病

86

スクシニル―CoAリガーゼ欠損症

左欄の疾病名に該当する場合

87

ピルビン酸カルボキシラーゼ欠損症

同上


88

ピルビン酸脱水素酵素複合体欠損症

同上


89

フマラーゼ欠損症

同上


90

ミトコンドリア呼吸鎖複合体欠損症

同上


91

ミトコンドリアDNA欠失(カーンズ・セイヤー症候群を含む。)

同上


92

ミトコンドリアDNA枯渇症候群

同上


93

ミトコンドリアDNA突然変異(リー(Leigh)症候群、MELAS及びMERRFを含む。)

同上


94

86から93までに掲げるもののほか、ミトコンドリア病

同上

有機酸代謝異常症

95

アルカプトン尿症

左欄の疾病名に該当する場合

96

イソ吉草酸血症

同上


97

グリセロール尿症

同上


98

グルタル酸血症1型

同上


99

グルタル酸血症2型

同上


100

原発性高シュウ酸尿症

同上


101

スクシニル―CoA:3―ケト酸CoAトランスフェラーゼ(SCOT)欠損症

同上


102

3―ヒドロキシ―3―メチルグルタリルCoA合成酵素欠損症

同上


103

3―ヒドロキシ―3―メチルグルタル酸血症

同上


104

3―メチルクロトニルCoAカルボキシラーゼ欠損症

同上


105

先天性胆汁酸代謝異常症

同上


106

複合カルボキシラーゼ欠損症

同上


107

プロピオン酸血症

同上


108

β―ケトチオラーゼ欠損症

同上


109

メチルグルタコン酸尿症

同上


110

メチルマロン酸血症

同上


111

95から110までに掲げるもののほか、有機酸代謝異常症

同上

ライソゾーム病

112

アスパルチルグルコサミン尿症

左欄の疾病名に該当する場合

113

異染性白質ジストロフィー

同上


114

ガラクトシアリドーシス

同上


115

クラッベ病

同上


116

ゴーシェ病

同上


117

酸性リパーゼ欠損症

同上


118

シアリドーシス

同上


119

GM1―ガングリオシドーシス

同上


120

GM2―ガングリオシドーシス

同上


121

シスチン症

同上


122

神経セロイドリポフスチン症

同上


123

ニーマン・ピック病

同上


124

ファーバー病

同上


125

ファブリー病

同上


126

フコシドーシス

同上


127

ポンペ病

同上


128

マルチプルスルファターゼ欠損症

同上


129

マンノシドーシス

同上


130

ムコ多糖症Ⅰ型

同上


131

ムコ多糖症Ⅱ型

同上


132

ムコ多糖症Ⅲ型

同上


133

ムコ多糖症Ⅳ型

同上


134

ムコ多糖症Ⅵ型

同上


135

ムコ多糖症Ⅶ型

同上


136

ムコリピドーシスⅡ型(I―cell病)

同上


137

ムコリピドーシスⅢ型

同上


138

遊離シアル酸蓄積症

同上


139

112から138までに掲げるもののほか、ライソゾーム病

同上