厚生労働省

  • 文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大

ご覧の施策内容について多くの皆さまのご意見をお待ちしております。意見を送信する


第2表 医薬品薬効大分類別生産金額

順位 薬効大分類 生産金額 対前年増減 構成割合
平成21年 平成20年 増減額 比率 平成21年 平成20年
    百万円 百万円 百万円
  総数 6,819,589 6,620,091 199,498 3.0 100.0 100.0
1 循環器官用薬 1,418,993 1,437,078 -18,086 -1.3 20.8 21.7
2 中枢神経系用薬 700,136 620,578 79,559 12.8 10.3 9.4
3 その他の代謝性医薬品 677,181 648,892 28,289 4.4 9.9 9.8
4 消化器官用薬 612,881 582,495 30,386 5.2 9.0 8.8
5 血液・体液用薬 433,228 407,720 25,508 6.3 6.4 6.2
6 外皮用薬 367,188 365,704 1,484 0.4 5.4 5.5
7 生物学的製剤 284,818 276,563 8,256 3.0 4.2 4.2
8 抗生物質製剤 276,809 268,320 8,489 3.2 4.1 4.1
9 アレルギー用薬 239,445 244,503 -5,058 -2.1 3.5 3.7
10 感覚器官用薬 217,707 208,702 9,005 4.3 3.2 3.2
11 体外診断用医薬品 205,160 192,388 12,772 6.6 3.0 2.9
12 ビタミン剤 182,640 213,633 -30,994 -14.5 2.7 3.2
13 泌尿生殖器官及び肛門用薬 152,558 137,238 15,320 11.2 2.2 2.1
14 腫瘍用薬 139,045 120,963 18,083 14.9 2.0 1.8
15 呼吸器官用薬 139,032 133,733 5,299 4.0 2.0 2.0
16 滋養強壮薬 136,967 142,881 -5,914 -4.1 2.0 2.2
17 ホルモン剤(抗ホルモン剤を含む。) 128,510 125,418 3,092 2.5 1.9 1.9
18 漢方製剤 128,407 118,171 10,235 8.7 1.9 1.8
19 化学療法剤 92,393 95,668 -3,275 -3.4 1.4 1.4
20 診断用薬(体外診断用医薬品を除く。) 63,926 60,115 3,812 6.3 0.9 0.9
21 人工透析用薬 51,411 47,679 3,732 7.8 0.8 0.7
22 末梢神経系用薬 44,013 47,091 -3,079 -6.5 0.6 0.7
23 放射性医薬品 33,838 32,119 1,719 5.4 0.5 0.5
24 公衆衛生用薬 22,669 20,919 1,750 8.4 0.3 0.3
25 アルカロイド系麻薬(天然麻薬) 16,981 16,110 871 5.4 0.2 0.2
  その他 53,651 55,410 -1,759 -3.2 0.8 0.8

(注)医薬品薬効大分類の順位は、平成21年の生産金額の順による。


トップへ