厚生労働省

  • 文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大

ご覧の施策内容について多くの皆さまのご意見をお待ちしております。意見を送信する


シエノピラフェン試験法(農産物)

1.分析対象化合物

シエノピラフェン

2.装置

液体クロマトグラフ・質量分析計(LC-MS)

3.試薬、試液

次に示すもの以外は、総則の3に示すものを用いる。

シエノピラフェン標準品 本品はシエノピラフェン 98%以上を含み、融点は107〜108℃である。

4.試験溶液の調製

1)抽出

果実及び野菜の場合は試料20.0gを量り採る。穀類、豆類及び種実類の場合は試料10.0g、茶の場合は試料5.00gにそれぞれ水20mLを加え、30分間放置する。

これにアセトニトリル及び水(4:1)混液100mLを加え、ホモジナイズした後、吸引ろ過する。ろ紙上の残留物に、アセトニトリル及び水(4:1)混液50mLを加えてホモジナイズし、上記と同様にろ過する。得られたろ液を合わせ、アセトニトリルを加えて正確に200mLとする。この2mL(茶の場合は4mL)を採り、これに水10mLを加えて、40℃以下で約10mLまで濃縮する。

2)精製

[1]オクタデシルシリル化シリカゲルカラムクロマトグラフィー及びグラファイトカーボンカラムクロマトグラフィー

オクタデシルシリル化シリカゲルミニカラム(1,000mg)にアセトニトリル及び水各5mLを順次注入し、流出液は捨てる。グラファイトカーボンミニカラム(500mg)にアセトニトリル及び水(4:1)混液5mLを注入し、流出液は捨てる。オクタデシルシリル化シリカゲルミニカラムに、1)で得られた溶液を注入した後、さらにアセトニトリル及び水(3:2)混液10mLを注入し、流出液は捨てる。次いでこのカラムの下部にグラファイトカーボンミニカラムを接続し、アセトニトリル及び水(4:1)混液15mLを注入する。溶出液を40℃以下で濃縮し、溶媒を除去する。この残留物に酢酸エチル及びn-ヘキサン(1:19)混液5mLを加えて溶かす。

[2]シリカゲルカラムクロマトグラフィー

シリカゲルミニカラム(690mg)に酢酸エチル及びn-ヘキサン(1:19)混液5mLを注入し、流出液は捨てる。このカラムに[1]で得られた溶液を注入した後、さらに酢酸エチル及びn-ヘキサン(1:19)混液5mLを注入し、流出液は捨てる。次いで酢酸エチル及びn-ヘキサン(1:4)混液10mLを注入し、溶出液を40℃以下で濃縮し、溶媒を除去する。この残留物をアセトニトリル及び水(3:1)混液に溶解し、果実及び野菜の場合は正確に4mL、穀類、豆類、種実類及び茶の場合は正確に2mLとしたものを試験溶液とする。

5.検量線の作成

シエノピラフェン標準品の0.0005〜0.01mg/L溶液(アセトニトリル及び水(3:1)混液)を数点調製し、それぞれ5 μLをLC-MSに注入し、ピーク高法又はピーク面積法で検量線を作成する。

6.定量

試験溶液5 μLをLC-MSに注入し、5の検量線でシエノピラフェンの含量を求める。

7.確認試験

LC-MSにより確認する。

8.測定条件

(例)

カラム:オクタデシルシリル化シリカゲル 内径2.1mm、長さ150mm、粒子径5 μm

カラム温度:40℃

移動相:A液及びB液の混液(1:3)で15分間保持した後、(1:19)までの濃度勾配を0.5分間で行い、(1:19)で8分間保持する。

A液:0.1 vol%ギ酸

B液:0.1 vol%ギ酸・アセトニトリル溶液

イオン化モード: ESI(+)

主なイオン(m/z): 395、394

保持時間の目安: 11分

9.定量限界

0.01mg/kg

10.留意事項

1)試験法の概要

シエノピラフェンを試料からアセトニトリル及び水(4:1)混液で抽出し、オクタデシルシリル化シリカゲルミニカラムとグラファイトカーボンミニカラム及びシリカゲルミニカラムで精製した後、LC-MSで定量及び確認する方法である。

2)注意点

[1]みかんの果皮を試験する場合は、試料10.0gを用いて抽出し、試験溶液量を2mLとする。

[2]シエノピラフェンのLC-MS測定で、試験法開発時に使用したイオンを以下に示す。

定量イオン(m/z):394

定性イオン(m/z):395

11.参考文献

なし

12.類型

C


トップへ