トリブロムサラン及びビチオノール試験法(畜水産物)

1.分析対象化合物
農薬等の成分である物質 分析対象化合物
トリブロムサラン トリブロムサラン
ビチオノール ビチオノール

2.装置
 液体クロマトグラフ・タンデム質量分析計(LC/MS/MS)

3.試薬、試液
 次に示すもの以外は、総則の3に示すものを用いる。
 アセトニトリル 液体クロマトグラフ用に製造したものを用いる。
 水 液体クロマトグラフ用に製造したものを用いる。
 トリブロムサラン標準品 本品はトリブロムサラン98.0%以上を含み、融点は227〜228℃である。
 ビチオノール標準品 本品はビチオノール98.0%以上を含み、融点は184〜187℃である。

4.試験溶液調製法
1)乳の場合
 試料5.0gを量り採り、アセトニトリル20 mL及びアセトニトリル飽和-ヘキサン20 mLを加えてホモジナイズした後、毎分3,000回転で5分間遠心分離する。アセトニトリル層及び-ヘキサン層を綿栓ろ過して分液ロートに移し、アセトニトリル層を採る。これに-プロパノール10 mLを加え40℃以下で濃縮し、溶媒を除去する。この残留物にアセトニトリル1mLを加えて溶解した後、孔径0.2μmのメンブランフィルターでろ過して、これを試験溶液とする。

2)筋肉、脂肪、肝臓、腎臓及びその他の食用部分の場合
 試料5.0gを量り採り、1mol/L塩酸10 mL及び酢酸エチル50 mLを加えてホモジナイズした後、毎分3,000回転で5分間遠心分離し、酢酸エチル層をすり合わせ減圧濃縮器中に採る。残留物に酢酸エチル20 mLを加えて5分間激しく振り混ぜた後、上記と同様に遠心分離し、得られた酢酸エチル層をその減圧濃縮器中に合わせ、40℃以下で濃縮し、溶媒を除去する。この残留物にアセトニトリル20 mL及びアセトニトリル飽和-ヘキサン20 mLを加え5分間激しく振り混ぜた後、アセトニトリル層を40℃以下で濃縮し、溶媒を除去する。この残留物にアセトニトリル1.0 mLを加えて溶解した後、孔径0.2μmのメンブランフィルターでろ過して、これを試験溶液とする。

5.検量線の作成
 トリブロムサラン標準品について、0.006〜0.1 mg/Lのアセトニトリル溶液を数点調製する。
 ビチオノール標準品について、0.002〜0.1 mg/Lのアセトニトリル溶液を数点調製する。
 それぞれLC/MS/MSに注入し、ピーク高法又はピーク面積法で検量線を作成する。

6.定量
 試験溶液をLC/MS/MSに注入し、5の検量線でトリブロムサラン及びビチオノールの含量を求める。

7.確認試験
 LC/MS/MSにより確認する。

8.測定条件
 LC/MS/MS
 カラム:オクタデシルシリル化シリカゲル 内径 2.0〜6.0 mm、長さ 50〜250 mm、粒子径2〜5μm
 カラム温度:40℃
 移動相:アセトニトリル、水及びギ酸(500:500:1)混液
 主 なイオン(m/z):ESI(-) トリブロムサラン 251/448、ビチオノール 161/355
 保持時間の目安:7〜10分

9.定量限界
 トリブロムサラン 0.005 mg/kg
 ビチオノール 0.002 mg/kg

10.留意事項
1)試験法の概要
 トリブロムサラン及びビチオノールを乳の場合はアセトニトリルで、その他の場合は酢酸エチルで抽出し、アセトニトリル/ヘキサン分配により脱脂した後、それぞれLC/MS/MSで測定する方法である。

2)注意点
 試験溶液をLC/MS/MSに注入した際に、ピーク高さ又はピーク面積の増強又は抑制が認められる場合には、以下の操作に準じて定量を行うこと。
験溶液I:4で得られた試験溶液0.1 mLに、基準値相当濃度の標準品のアセトニトリル溶液0.1 mLを加える。
験溶液II:4で得られた試験溶液0.1 mLに、基準値の2倍相当濃度の標準品のアセトニトリル溶液0.1 mLを加える。
 本試験法において検体5.0 gから試験溶液1.0 mLが得られるので、基準値相当濃度の標準品のアセトニトリル溶液は、次の通り計算する。
基準値相当濃度(mg/L) = 基準値(ppm) × 5.0(g) ÷ 1.0(mL)
 試験溶液I及びIIをそれぞれHPLCに注入し、ピーク高さ又はピーク面積を求め、次式により含量を計算する。
含量(ppm) = 基準値(ppm) ×(2a−b)÷(b−a)
a:試験溶液Iのピーク高さ又はピーク面積
b:試験溶液IIのピーク高さ又はピーク面積
 含量が基準値の2倍を超える場合は、試験溶液をアセトニトリルで希釈して、基準値相当濃度以上、基準値の2倍相当濃度以下となるように調製した後、試験溶液I及びIIを調製し、上記と同様に操作して求めた含量に希釈倍率 を乗じて、希釈前の含量を求める。

11.参考文献
 なし

12.類型  C

トップへ