アシュラム試験法(農産物)

1.分析対象化合物
 アシュラム
 アシュラムナトリウム塩

2.装置
 アルカリ熱イオン化検出器付きガスクロマトグラフ(GC-FTD)又は高感度窒素・リン検出器付きガスクロマトグラフ(GC-NPD)及びガスクロマトグラフ・質量分析計(GC/MS)
メチル化装置 図に示したもの
A:エーテル管
B:ジアゾメタン発生管
C:反応管
図

3.試薬、試液
 次に示すもの以外は、総則の3に示すものを用いる。
 凝固液 塩化アンモニウム5g及びリン酸10 mLを水に溶かし、100 mLとしたもの。
 メチル化試薬 水酸化カリウム6gに水及びメタノール(2:7)混液45 mLを加えて溶かし、その10 mLをジアゾメタン発生管に採った上、使用の直前に2%N-メチル-N-ニトロソ-4-トルエンスルホン酸アミド・エーテル溶液を加える。
 アシュラム標準品 本品はアシュラム99%以上を含み、融点は143〜144℃である。

4.試験溶液の調製
1)抽出
 穀類、豆類及び種実類の場合は試料10.0g、果実、野菜及びハーブの場合は試料20.0g、茶及びホップの場合は5.00gを量り採る。これにメタノール100 mLを加え、30分間振とうした後、吸引ろ過する。ろ紙上の残留物にメタノール50 mLを加え、上記と同様に振とう及びろ過を行う。得られたろ液を合わせ、40℃以下で約20 mLに濃縮する。
 これに1mol/L塩酸を加えてpH2〜3に調整し、凝固液5mL及びケイソウ土2gを加え、緩やかに振り混ぜ、5分間放置した後、吸引ろ過する。ろ紙上の残留物を、水で10倍に希釈した凝固液25 mLで洗い、全ろ液を合わせ、酢酸エチル30 mLずつで3回抽出する。抽出液に無水硫酸ナトリウムを加えて脱水し、無水硫酸ナトリウムをろ別した後、メチル化装置の反応管に移す。

2)メチル化
 反応管をジアゾメタン発生管に接続し、窒素ガスを穏やかに通じて反応させる。反応液が微黄色を呈するまで通気し、室温で15分間放置した後、反応液を40℃以下で濃縮し、溶媒を除去する。この残留物を酢酸エチル及び-ヘキサン(1:1)混液10 mLに溶かす。

3)精製
 クロマトグラフ管(内径15 mm)にカラムクロマトグラフィー用合成ケイ酸マグネシウム5gを酢酸エチル及び-ヘキサン(1:1)混液に懸濁させて充てんし、無水硫酸ナトリウム約5gを積層する。このカラムに2)で得られた溶液を注入し、流出液は捨てる。さらに酢酸エチル及び-ヘキサン(1:1)混液20 mLを注入し、流出液は捨てる。次いで、同混液60 mLを注入し、溶出液を40℃以下で濃縮し、溶媒を除去する。この残留物をメタノールに溶解し、正確に4mL(穀類、豆類及び種実類の場合は2mL、茶及びホップの場合は1mL)としたものを試験溶液とする。

5.検量線の作成
 アシュラム標準品の100 mg/Lメタノール溶液を調製し、その1mLをメチル化装置の反応管に移し、酢酸エチル100 mLを加えてジアゾメタン発生管に接続する。以下、4.2)メチル化と同様に操作する。残留物をメタノールに溶解し、正確に10 mLとする。この溶液をメタノールで希釈し0.1〜3mg/Lの溶液を調製し、それぞれ2μLをGCに注入し、ピーク高法又はピーク面積法で検量線を作成する。

6.定量
 試験溶液2μLをGCに注入し、5の検量線でアシュラムの含量を求める。

7.確認試験
 GC/MSにより確認する。

8.測定条件
 GC
 検出器:FTD又はNPD
 カラム:メチルシリコン 内径 0.2 mm、長さ10m
 カラム温度:100℃−30℃/分−280℃
 注入口温度:250℃
 検出器温度:280℃
 キャリヤーガス:窒素ガス又はヘリウム
 保持時間の目安:5分

9.定量限界
 0.02 mg/kg

10.留意事項
1)試験法の概要
 アシュラムを試料からメタノールで抽出したのち、塩酸酸性下で凝固液を加え、酢酸エチルで抽出する。ジアゾメタンでメチル化したのち、合成ケイ酸マグネシウムカラムで精製し、GC-FTD又はGC-NPDで定量し、GC/MSで確認する方法である。

2)注意点
(1) メチル化反応はジアゾメタンが過剰になり、溶液が微黄色を呈するまで通気する。

11.参考文献
)上路雅子ら、2002年度版「残留農薬分析法」39頁、ソフトサイエンス社
)今月の農業編集室編 改定4版「農薬登録保留基準ハンドブック」p.32-34、化学工業日報社 (2003)

12.類型
 A(環境省告示第45号「アシュラム試験法」昭和61年10月28日)

トップへ