2,2-DPA試験法(農産物)

1.分析対象化合物
 2,2-DPA(別名:ダラポン、2,2-ジクロロプロピオン酸)
 ダラポンナトリウム塩

2.装置
 電子捕獲型検出器付きガスクロマトグラフ(GC-ECD)
 ガスクロマトグラフ・質量分析計(GC/MS)

3.試薬、試液
 次に示すもの以外は、総則の3に示すものを用いる。
 2,2-DPA標準品 本品は2,2-DPA 99%以上を含む。

4.試験溶液の調製
1)抽出、精製
 試料10.0gを量り採り、塩化ナトリウム飽和2%ホウ酸ナトリウム溶液70 mLを加えて30分間振とうした後、ガラス繊維ろ紙を用いて吸引ろ過する。ろ紙上の残留物に同溶液30 mLを加え、上記と同様に操作した後、ろ液を合わせる。これにエーテル100 mLを加えて5分間激しく振とうした後、静置し、エーテル層は捨てる。水層に6mol/L塩酸を加えてpH1.0に調整した後、エーテル50 mLずつで2回振とう抽出する。得られた抽出液を合わせ、1%炭酸水素ナトリウム溶液30 mLずつで2回振とう抽出する。抽出液を合わせ、かくはんしながら、6mol/L塩酸を加えてpH1.0に調整した後、エーテル40 mLずつで2回抽出する。抽出液を合わせ、液相分離ろ紙を用いてろ過し、30℃以下で約2mLまで減圧濃縮した後、窒素ガス気流中で溶媒を除去する。

2)エステル化
 残留物にブタノール1mL及び硫酸3滴を加え、還流冷却管を取り付けて、沸騰水浴上で30分間加熱還流する。冷却後、冷却管の内壁を少量の水で洗い、冷却管をはずし、反応液を-ヘキサン10 mLずつで2回抽出する。抽出液を液相分離ろ紙を用いてろ過し、-ヘキサンを加えて正確に25 mLとしたものを試験溶液とする。

5.検量線の作成
 2,2-DPA標準品の20 mg/Lアセトン溶液を調製し、この1mLを採り、室温下、窒素ガス気流中で溶媒を除去した後、4の2)エステル化と同様の操作を行う。この溶液を-ヘキサンで希釈し、2,2-DPAの0.02〜1mg/L溶液を数点調製し、それぞれ2μLをGCに注入し、ピーク高法又はピーク面積法により検量線を作成する。

6.定量
 試験溶液2μLをGCに注入し、5の検量線で2,2-DPAの含量を求める。

7.確認試験
 GC/MSにより確認する。

8.測定条件
 GC
 検出器:ECD
 カラム:50%フェニル−メチルシリコン、内径0.25 mm、長さ25m、膜厚0.1μm
 カラム温度:40℃
 注入口温度:250℃
 検出器温度:250〜300℃
 キャリヤーガス:ヘリウム
 保持時間の目安:5分

9.定量限界
 0.05 mg/kg

10.留意事項
1)試験法の概要
 2,2-DPAを試料から塩化ナトリウム飽和2%ホウ酸ナトリウム溶液で抽出し、抽出液をエーテルで洗浄した後、酸性(pH1)に調整し、エーテルで抽出する。エーテル抽出液から2,2-DPAを1%炭酸水素ナトリウム溶液で抽出する。抽出液を酸性(pH1)に調整した後、エーテルで再抽出する。溶媒を除去した後、ブタノール及び硫酸を加え、30分間加熱還流する。反応液から2,2-DPAのエステル化体を-ヘキサンで抽出し、GC-ECDで測定し、GC/MSで確認する方法である。

2)注意点
(1)2,2-DPAは濃縮操作で損失するため、浴温を低く設定し、溶媒除去は窒素ガス気流中で行う。キーパーを使用してもよい。
(2)2,2-DPAのエステル化生成物は揮発性が高く、濃縮による損失が大きいため、濃縮を行わずそのまま定容して試験溶液とする。
(3)LC/MSの適用も考えられる。この場合はエステル化操作を省き、1)抽出の最終残留物を0.1%酢酸8mLに溶解する。
 LC/MS操作条件
  カラム:オクタデシルシリル化シリカゲル(粒径5μm) 内径2.0 mm、長さ150 mm
  移動相:1%ギ酸及びメタノール(4:1)混液 流量:0.2 mL/分
  カラム温度:40℃
  イオン化モード:ESI(+)
  主なイオン(m/z):141
  保持時間の目安:7分

11.参考文献
)Cotterill, E.G., Determination of residues of dalapon in soil by gas chromatography of the 1-butyl ester, J.Chromatogr., 106, 409〜411, 1975
)Zweig, G. & Sherma, J. ed., Analytical Method for Pesticides, Plant Growth Regulators, and Food Additives. vol.VI p.621-624,Academic Press (1972)

12.類型
 C

トップへ