戻る

エトキシキン試験法(畜水産物)


1. 分析対象化合物
エトキシキン

2. 装置
液体クロマトグラフ・タンデム型質量分析計(LC-MS/MS)

3. 試薬、試液
次に示すもの以外は、総則の3に示すものを用いる。
エトキシキン標準品 本品はエトキシキン96%以上を含む。

4. 試験溶液の調製
1)抽出
[1]はちみつ以外の場合
試料10.0 g(脂肪は5.00 g)に10 w/v%炭酸ナトリウム溶液20 mL及び50 mg/Lジブチルヒドロキシトルエン(以下BHTと略す)・アセトン溶液100 mLを加え、ホモジナイズした後、吸引ろ過する。ろ紙上の残留物に50 mg/L BHT・アセトン溶液50 mLを加え、ホモジナイズした後、上記と同様にろ過する。得られたろ液を合わせ、50 mg/L BHT・アセトン溶液で正確に200 mLとする。この10 mLを採り、水10 mLを加える。

[2]はちみつの場合
試料10.0 gに水20 mLを加え、よく均一化する。これに10 w/v%炭酸ナトリウム溶液20 mL及び50 mg/L BHT・アセトン溶液100 mLを加え、ホモジナイズした後、吸引ろ過する。ろ紙上の残留物に水10 mL及び50 mg/L BHT・アセトン溶液50 mLを加え、ホモジナイズした後、上記と同様にろ過する。得られたろ液を合わせ、50 mg/L BHT・アセトン溶液で正確に200 mLとする。この10 mLを採り、水10 mLを加える。

2)精製
[1]脂肪以外の場合
オクタデシルシリル化シリカゲルミニカラム(1,000 mg)にアセトニトリル5 mL、次いで水10 mLを注入し、流出液は捨てる。このカラムに1)で得られた溶液を注入した後、アセトニトリル及び水(3:7)混液10 mLを注入し、流出液は捨てる。次いで、アセトニトリル10 mLを注入し、溶出液を採り、アセトニトリルを加えて正確に10 mLとしたものを試験溶液とする。

[2]脂肪の場合
オクタデシルシリル化シリカゲルミニカラム(1,000 mg)にアセトニトリル5 mL、次いで水10 mLを注入し、流出液は捨てる。このカラムに1)で得られた溶液を注入した後、アセトニトリル及び水(3:7)混液10 mLを注入し、流出液は捨てる。次いで、アセトニトリル10 mLを注入し、溶出液を40℃以下で約2 mLまで濃縮し、アセトニトリルを加えて正確に5 mLとしたものを試験溶液とする。

5. 検量線の作成
エトキシキン標準品の0.0005〜0.01 mg/L溶液(50 mg/L BHT・アセトニトリル溶液)を数点調製し、それぞれ5 μLをLC-MS/MSに注入し、ピーク高法又はピーク面積法で検量線を作成する。

6. 定量
 試験溶液5 μLをLC-MS/MSに注入し、5の検量線でエトキシキンの含量を求める。

7. 確認試験
 LC-MS/MSにより確認する。

8. 測定条件
(例)
カラム:オクタデシルシリル化シリカゲル 内径2.0 mm、長さ150 mm、粒子径5 μm
カラム温度:40℃
移動相:2 mmol/L酢酸アンモニウム溶液及びメタノール混液(9:11)から(1:19)までの濃度勾配を10分間で行い、(1:19)で5分間保持する。
イオン化モード:ESI(+)
主なイオン(m/z):プリカーサーイオン 218、プロダクトイオン 174、148
保持時間の目安: 11分

9. 定量限界
0.01 mg/kg

10. 留意事項
1)試験法の概要
エトキシキンを試料から塩基性下でアセトンで抽出し、オクタデシルシリル化シリカゲルミニカラムで精製した後、LC-MS/MSで定量及び確認する方法である。
2)注意点
[1]エトキシキンのLC-MS/MS測定で、試験法開発時に使用したイオンを以下に示す。
定量イオン(m/z):プリカーサーイオン 218、プロダクトイオン148
定性イオン(m/z):プリカーサーイオン 218、プロダクトイオン174
[2]エトキシキンは、抽出操作中に分解しやすいことから、分解防止のためにBHTを添加している。BHTを添加しても回収率が安定しない場合には、抽出操作時に氷冷することによって改善する場合がある。
[3]エトキシキンは、濃縮乾固により損失がみられたため、濃縮乾固を行わない方法とした。乾固させなければ減圧濃縮は可能である。
[4]脂肪について精製後の溶出液を濃縮する際、乾固させないように注意が必要である。また、溶出液の濃縮を省略し、アセトニトリルを加えて正確に10 mLとしたものを試験溶液とし、注入量を10 μLとしてもよい。

11. 参考文献
 佐々木ら、果実中のエトキシキン分析法の評価、食品衛生学雑誌、43、366-370(2002)

12. 類型
C


トップへ
戻る