ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 食品 > 「健康食品」のホームページ > 法令等資料集(健康食品関係)※「健康食品」に関する法令・通知集を改称 > 保健機能食品・健康食品関連情報 > 健康食品の摂取量及び摂取方法の表示に関する指針について

健康食品の摂取量及び摂取方法の表示に関する指針について

○健康食品の摂取量及び摂取方法の表示に関する指針について

(昭和六三年一一月三〇日)
(衛新第一九号)
(各都道府県知事・各政令市市長・各特別区区長あて厚生省生活衛生局長通知)

 近年、種々の健康食品が製造・販売されていることにかんがみ、これら健康食品による過剰摂取障害等を防止するため、今般、別添のとおり「健康食品の摂取量及び摂取方法の表示に関する指針」を作成したので、この指針に沿った適切な表示が行われるよう関係営業者等に対する周知指導方よろしくお願いする。

〔別添〕

健康食品の摂取量及び摂取方法の表示に関する指針
1 目的
 この指針は、栄養成分を補給し、又は特別の保健の用途に適するものとして販売の用に供する食品(食品衛生法施行規則(昭和二三年厚生省令第二三号)第五条第一項第三号に規定する保健機能食品及び食品として通常用いられる素材から成り、かつ、通常の形態及び方法によって摂取されるものを除く。以下「健康食品」という。)の摂取量及び摂取方法の表示について定め、過剰摂取による健康障害等を防止することを目的とする。
2 表示事項
 健康食品は、食品衛生法等の法令で表示することが定められている事項の他、次の事項を表示すること。
(1) 一日の摂取量等の上限又は目安
(2) 通常の形態及び方法によって摂取されないものにあっては、摂取の方法
(3) 過剰に摂取することにより健康に障害を与えることが知られているものにあつては、その旨
(4) 「食品」である旨
3 表示の方法
(1) 前項に掲げる事項は、容器包装の見やすい箇所に邦文をもつて明瞭に表示すること。
(2) 一日の摂取量等の上限又は目安は科学的に設定し表示すること。
 なお、当該成分が経口摂取の医薬品として用いられることがあるものにあつては、原則としてその一日の摂取量等の上限又は目安は医薬品として用いられる量を超えないように設定し表示すること。
(3) 一日の摂取量等の上限又は目安の表示は、当該量を定めた理由を付すること。
(4) 利用者が過剰に摂取するおそれがある表示をしないこと。
(5) 摂取方法は、当該健康食品の形状、成分、消化吸収性等食品特性を考慮し、当該健康食品を摂取するうえで適切な方法を表示すること。
4 その他
(1) 摂取の時期を表示する場合にあつては当該健康食品の形状、成分、消化吸収性等から当該健康食品を摂取するうえで必要な場合のみとすること。
(2) 表示する事項は医薬品の用法用量等の表示及び特別用途食品の表示と誤解されないよう配慮すること。

ホーム > 政策について > 分野別の政策一覧 > 健康・医療 > 食品 > 「健康食品」のホームページ > 法令等資料集(健康食品関係)※「健康食品」に関する法令・通知集を改称 > 保健機能食品・健康食品関連情報 > 健康食品の摂取量及び摂取方法の表示に関する指針について

ページの先頭へ戻る