ホーム > 政策について > 組織別の政策一覧 > 厚生労働省本省における新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止について

厚生労働省本省における新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止について 

 令和3年4月、老健局関係職員において新型コロナウイルス感染症に感染した事案が生じた一連の経過を踏まえ、感染症の専門家等の指導も受け、以下のとおり職場での感染拡大防止に取り組んでまいります。

○ 感染症の専門家や産業医の助言等をもとに、以下のとおり感染防止対策を強化・徹底した。

  • ・毎日の検温・体調管理、体調がすぐれない場合に出勤しないこと
  • ・頻繁な手指衛生・マスク着用、食事中に会話しないこと
  • ・出勤者が密にならない工夫、オンライン会議の活用
  • ・共用部分(コピー機、電話機等)の定期的消毒(消毒範囲の拡大と頻度増)
  • ・換気の励行(常時窓開け、二酸化炭素濃度測定器の使用等)

○ こうした感染防止対策を本省全職員の業務用PCの画面上に、毎日一定時間ごとにポップアップで表示して、職員一人ひとりがしっかりと対策を講じるよう注意喚起に取り組んでいる。

○ あわせて、平素から、産業医による毎月の職場巡回を行うほか、課室で感染者が発生した場合には、産業医が当該課室の職場環境を確認し、必要な助言を行い、それを基に対策の再点検を行うこととしている。

○ 省内の課室で体調不良者が発生した場合には、速やかに、当該者と物理的な距離が近い者等について、自宅待機・テレワークとすることを徹底している。


PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

ホーム > 政策について > 組織別の政策一覧 > 厚生労働省本省における新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止について

ページの先頭へ戻る