健康・医療オミクロン株対応1価ワクチン接種後の健康状況調査

 オミクロン株対応1価ワクチンの接種を受けた方を対象に、接種前後の抗体価の推移や、接種部位の腫れ・痛み、発熱、頭痛など接種後に起こりやすい様々な症状の頻度などを調査し、皆様にお知らせしています。

●調査の概要:

ファイザー社のオミクロン株対応1価ワクチン

ファイザー社のオミクロン株対応1価ワクチン(XBB.1.5)による初回接種及び追加接種前後の抗体価の推移や、一定期間に起こった症状・疾病を調査しています。中間的に集計したものですので、今後、数値が変わることがあります。

 
  1. オミクロン株XBB.1.5対応1価ワクチン接種後の健康状況調査中間報告(2)[3.1MB](令和6年1月26日)

■中間報告の抜粋
 ファイザー社のオミクロン株対応1価ワクチン(XBB.1.5)を接種した862人の接種前および接種後の抗スパイクタンパク質抗体(抗S抗体)価は、接種前の抗ヌクレオカプシドタンパク質抗体(抗N抗体)陰性者は接種前7,821U/mL、接種1か月後17,971U/mLであり、抗N抗体陽性者は接種前23,860U/mL、接種1か月後46,106U/mLと異なりましたが、年齢階層別には大きな違いを認めませんでした。
 追加接種後1週間(Day8)の日誌が回収できた1,751人では、37.5℃以上の発熱が16.5%(38.0℃以上は6.5%)にみられ、局所反応は疼痛が87.5%にみられました。

ページの先頭へ戻る

モデルナ社のオミクロン株対応1価ワクチン

モデルナ社のオミクロン株対応1価ワクチン(XBB.1.5)による初回接種及び追加接種前後の抗体価の推移や、一定期間に起こった症状・疾病を調査しています。中間的に集計したものですので、今後、数値が変わることがあります。

 
  1. オミクロン株XBB.1.5対応1価ワクチン接種後の健康状況調査中間報告(2)[3.1MB](令和6年1月26日)

■中間報告の抜粋
 モデルナ社のオミクロン株対応1価ワクチン(XBB.1.5)を接種した307人の接種前および接種後の抗S抗体価は、接種前の抗N抗体陰性者は接種前6,749U/mL、接種1か月後21,797U/mLであり、抗N抗体陽性者は接種前19,851U/mL、接種1か月後38,136U/mLでしたが、年齢階層別には大きな違いを認めませんでした。
 追加接種後1週間(Day8)の日誌が回収できた971人では、37.5℃以上の発熱が39.9%(38.0℃以上は21.7%)にみられ、局所反応は疼痛が93.4%にみられました。

ページの先頭へ戻る