健康・医療新型コロナワクチンの副反応について

 新型コロナワクチンの接種後に、発熱や痛み、頭痛等の症状が起きた時の対応等をお知らせします。

接種後に起こる可能性のある症状(副反応)について

起こりやすい副反応

新型コロナワクチン接種後、体内で新型コロナウイルスに対する免疫ができる過程で、様々な症状(注射した部分の痛み、発熱、倦怠感、頭痛、筋肉や関節の痛み、寒気、下痢等)が現れることがあります。こうした症状の大部分は、接種の翌日をピークに発現することが多いですが、数日以内に回復していきます。
 厚生労働省では、接種開始後から、次のような方法で安全性についての情報を収集し、国民の皆さまに提供しています。詳細は各ページをご覧ください。

 
  1. 新型コロナワクチン接種後の健康状況に関する調査(参加医療機関での接種及び調査)
  2. 医療機関からの副反応疑い報告と審議会での専門家による評価
  3. 一般の方を対象とした、オンラインのアンケート形式による調査

症状が出たときの対応

ワクチン接種後の発熱や痛みに対しては、医師が処方する薬以外にも、市販の解熱鎮痛薬(アセトアミノフェンや非ステロイド性抗炎症薬(イブプロフェンやロキソプロフェン等))で対応いただくことができます。また、発熱時には、水分を十分に摂取することをお勧めします。詳細は、新型コロナワクチンQ&Aをご覧ください。
なお、症状が特に重かったり、長引くなどがあれば、医療機関等への受診や相談をご検討ください。


  1. 参考資料

ページの先頭へ戻る

更に知りたい方へ

ワクチンごとの情報    
 各ワクチンの注意事項や、臨床試験(治験)の結果など   

Possible Side Effects After Getting a COID-19 Vaccine(米国CDC)

ページの先頭へ戻る